@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船舶安全法【せんぱくあんぜんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

船舶安全法
せんぱくあんぜんほう
昭和8年法律 11号。 1933年に制定されてから,数次の改正を重ね,現在にいたっている。航行供用の条件として,堪航性を保持し,かつ人命の安全を保持するに必要な施設をもつことが必要で,そうでなければ航行することは許されない。これを前提船体,機関,帆装,排水設備操舵救命・消防設備,通信設備,航海用具などについて,船の大きさ,用途別によって細部にわたる規制があるほか,船舶検査小型船舶検査機構などについて定めている。なお,船舶の国際性から安全取締規定は各国共通であることが望ましいので,国際会議による各種条約があり,各国の船舶安全法規はそれに規制される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんぱく‐あんぜんほう〔‐アンゼンハフ〕【船舶安全法】
船舶の耐航性と人命の安全との保持に必要な施設の設置基準を定め、その検査監督などについて規定する法律。昭和9年(1934)施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんぱくあんぜんほう【船舶安全法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんぱくあんぜんほう【船舶安全法】
船舶が安全に航海でき、かつ人命・財貨の安全を保持するために、一定施設の設置やその検査、行政的監督などについて定めた法律。1933年(昭和8)制定。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

船舶安全法
せんぱくあんぜんほう
日本船舶が海上の危険に堪えて安全に航行し、かつ人命の安全を保持するに必要な、船体、機関および諸設備について最低の技術基準を定め、船舶がこれを維持するよう強制している法律。昭和8年法律第11号。船舶は国際性があるため、1914年(大正3)に「海上における人命の安全のための国際条約」が採択され、その後改正を重ねている。74年(昭和49)には海上人命安全条約の議定書が採択され、78年にはタンカーの安全および汚染防止に関する国際会議が開かれた。このほか1930年(昭和5)に「国際満載吃水(きっすい)線条約」が採択され、最近の改正は66年に行われている(「1966年の満載喫水線に関する国際条約」)。本法はこれらの条約を詳細に法令で規定し、船舶の堪航(たんこう)性と人命の安全に関しては、条約の規定を遵守するよう万全を期している。[新谷文雄]

船舶の施設

船舶の堪航性と人命の安全を保持するに必要な構造と設備は、船体、機関、帆装、排水設備、操舵(そうだ)設備、繋船(けいせん)設備、揚錨(ようびょう)設備、消防設備、居住設備、衛生設備、航海用具、危険物その他特殊貨物の積付設備、荷役その他の作業設備、電気設備、その他主務大臣が定める事項である。これらの構造および設備に関する技術基準は次の省令等に定めている。〔1〕法の運用に関する船舶安全法施行規則、〔2〕船体の使用材料の材質、強さおよび工作法、船体各部の構造材料、寸法および設備の基準等を定めた鋼船構造規程と木船構造規則、〔3〕主機関、ボイラー、圧力容器、補機およびプロペラ等を定めた船舶機関規則、〔4〕救命設備の要件、数量、積付方法および標示等を定めた船舶救命設備規則、〔5〕施設する消防設備の要件、数量、備付方法および防火措置等を定めた船舶消防設備規則、〔6〕居住と衛生設備、操舵、係留、錨泊、潜水、昇降、電気、荷役、コンテナ、特殊貨物の積付等の各設備および航海用具等を定めた船舶設備規程、〔7〕満載喫水線の種類、算出方法、標示等を定めた満載喫水線規則、〔8〕船舶の浸水を局部に食い止める水密区画の構造と設備を定めた船舶区画規程、〔9〕火災の延焼を防ぐ構造と設備(とくに旅客船とタンカーに対し)を定めた船舶防火構造規則、〔10〕漁船の業務の特質上、船体の構造と設備を定めた漁船特殊規程、〔11〕漁船以外の長さ12メートル未満の船舶に施設する構造と設備を定めた小型船舶安全規則、〔12〕総トン数20トン未満の漁船の構造と設備を定めた小型漁船安全規則、〔13〕船舶が傾斜しても元に戻る復原性の試験方法と基準を定めた船舶復原性規則、などがある。[新谷文雄]

航行上の条件

船舶の安全確保のため、船舶の性能ごとの使用限度を定めて航行上の条件としている。〔1〕航行区域 平水、沿海、近海および遠洋の各区域に分かれる。平水区域とは湖川港湾および特定の水域をいい、遠洋区域はすべての区域を含む。〔2〕従業制限 漁船は航行区域を限定するかわりに、従業区域を考慮して従事できる漁業の種類を定め、漁船の構造または設備に応じて第1種から第3種までの従業制限が付与される。〔3〕最大搭載人員 船舶に搭載できる旅客、船員などの員数の最大限度で、居住、衛生、脱出などの各設備により決定される。〔4〕制限気圧 ボイラーの爆発防止のために定めた最大限度の使用気圧である。〔5〕満載喫水線 載貨により船体が海中に沈下できる最大限度を示す線である。〔6〕無線電信または無線電話 危険の予知、航行および異常気象などに関する通報のため電波法により施設する設備である。[新谷文雄]

船舶の検査

船舶の構造および設備などが一定の技術基準に適合しているかを点検するための制度で、定期検査と中間検査の2種類がある。[新谷文雄]

乗組員の不服申立て

一定数の乗組員が正規の手続を経て、船舶の堪航性または居住設備、衛生設備その他人命に関する設備に欠陥がある旨を申し立てたとき、管海官庁は当事者の出頭を求めるか、船舶を臨検(立入検査)して事実を調査し、必要に応じ処分を行う制度である。[新谷文雄]

航行上の危険防止

船舶所有者は、復原性、大型船の貨物とバラスト(底荷)の積付、潜水作業の安全性、高速船などの操縦法および原子炉施設の操作と安全の確保などについて資料を作成し、管海官庁の許可を得て船長に供与する。管海官庁は検査ののち揚貨装置制限荷重等指定書、昇降機制限荷重等指定書、コンテナの安全証印等を交付する。船舶所有者は揚貨装置等を制限荷重以下で使用し、揚貨装具、昇降機およびコンテナなどの点検を行い、検査記録簿に記入する。[新谷文雄]
『運輸省海事法規研究会編『海事法規の解説』(1981・成山堂書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんぱく‐あんぜんほう ‥アンゼンハフ【船舶安全法】
〘名〙 船舶における人命財貨の安全を目的とする法律。昭和八年(一九三三)制定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船舶安全法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船舶安全法の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation