@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船路【センロ】

デジタル大辞泉

せん‐ろ【船路】
船が通るみち航路。ふなじ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐じ〔‐ぢ〕【船路】
船の航行する道筋。航路。
船の旅路。船旅(ふなたび)。「船路の安全を祈る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐みち【船路/船道】
ふなじ(船路)」に同じ。
「―のしわざとて、少し黒みやつれたる旅姿」〈夕顔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐ろ【船路】
〘名〙
① 船舶の通るみち。船舶の航行するみち。航路。ふなみち。ふなじ。
※開化評林(1875)〈岡部啓五郎編〉明治六年英国人都鄙繁盛の論「故に諸国に於て、船路なき内部に設くる都府も亦多し」 〔晉書‐馮跋載記〕
② 交通機関として、船を用いること。
※日本読本(1887)〈新保磐次〉「大阪より船路にて速に四国に至るべきも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐じ ‥ぢ【船路】
〘名〙 船舶が通行する路。航路。海路。水路。ふなみち。ふねみち。
※土左(935頃)承平四年一二月二二日「藤原のときざね、ふなぢなれど、馬のはなむけす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふな‐みち【船路】
※源氏(1001‐14頃)夕顔「ふなみちのしわざとて、少し黒みやつれたる旅姿」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation