@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

船遊亭扇橋【せんゆうていせんきょう】

世界大百科事典 第2版

せんゆうていせんきょう【船遊亭扇橋】
落語家。(1)初代(?‐1829(文政12)) もと中津藩奥平家の家臣赤坂に住み,はじめ常磐津兼太夫(ときわづかねだゆう)門に入って若太夫と称した。のち,初代三笑亭可楽に入門したが,1809年(文化6)に独立し,下谷の寄席吹抜(ふきぬき)亭を開いて音曲(おんぎよく)噺で売り出し,音曲噺と称せられた。(2)2代(1786(天明6)‐?) 旗本野々山大膳の次男放蕩の末,狂言作者の初世並木五瓶(ごへい)に入門して篠田金治を経て2世五瓶を襲名

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

船遊亭扇橋
せんゆうていせんきょう
落語家。[関山和夫]

初代

(?―1829)もと中津藩奥平(おくだいら)家の家臣で江戸・赤坂に住み、初め常磐津兼太夫(ときわずかねたゆう)に入門して若太夫といった。のち三笑亭可楽(さんしょうていからく)の一門に加わって音曲(おんぎょく)入りの落語を案出。1809年(文化6)下谷(したや)に寄席(よせ)吹抜亭(ふきぬきてい)を開く。音曲噺(ばなし)の祖といわれ、柳派の基を築く。[関山和夫]

2代

(1786―?)歌舞伎(かぶき)作者で、初め並木吾市(ごいち)といったが、のちに2世並木五瓶(ごへい)となったことや、音曲師として入船扇蔵(いりふねせんぞう)から2代船遊亭扇橋になったことを自著『落語家奇奴部類(はなしかきぬぶるい)』に記す。また奥州旅行記『奥のしをり』を残した。扇橋の名は長く襲名され、現在の入船亭(いりふねてい)扇橋(1931― )は9代目である。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船遊亭扇橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

船遊亭扇橋の関連情報

関連キーワード

ピウス8世ユゴーギリシャ独立戦争ギリシア解放戦争ショパンエンデオズーフ土岐貞範ブースプチジャン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation