@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

良知 力【ラチ チカラ】

20世紀日本人名事典

良知 力
ラチ チカラ

昭和期の社会思想史学者 一橋大学社会学部教授。



生年
昭和5(1930)年1月12日

没年
昭和60(1985)年10月20日

出生地
東京市世田谷区田園調布

学歴〔年〕
東京商科大学(現・一橋大学)大学院経済学研究科修士課程修了,法政大学大学院社会科学科博士課程修了

経歴
大塚金之助に学び、ドイツ社会思想史を専攻。法政大学講師、助教授、教授を経て、昭和45年から一橋大に。46年社会学部教授、52年評議員、54年社会学部長。この間、オーストリア、ドイツに外遊数度、ドイツ史研究原資料の蒐集につとめる。57年には阿部謹也、二宮宏之らと「社会史研究」を創刊、社会史学の構想発展の主導的存在だった。著書に「ドイツ社会思想史研究」「向う岸からの世界史」「マルクスと批判者群像」「青きドナウの乱痴気」「一八四八年の社会史」「魂の現象学」「女が銃をとるまで」、主訳書にマルクーゼ「初期マルクス研究」(共訳)、クチンスキー「労働者階級の成立」、ルカーチ「美と弁証法」(共訳)、ヘラー「個人と共同体」「マルクスの欲求理論」(共訳)など。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

良知 力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

良知 力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation