@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

色丹島【しこたんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

色丹島
しこたんとう
北海道東部,根室半島沖に連なる歯舞群島の東方にある。面積 255.12km2。周囲 96km。島全体が 200~300mの丘陵性山地で占められ,海食崖が発達。斜古丹港など天然の良港に恵まれる。主峰は斜古丹山 (413m) 。冬の寒さより夏の濃霧と冷涼さがきびしく,作物栽培は困難で,漁業中心の生業を営む。 1945年ソ連 (現ロシア連邦) が占領北方領土に含まれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しこたん‐とう〔‐タウ〕【色丹島】
色丹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

色丹(しこたん)島
北海道東部、納沙布岬北東約73kmに位置する島。第二次世界大戦後、ソ連(現ロシア連邦)が占領。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しこたんとう【色丹島】
北海道東端の根室半島の北東方にある島。北東から南西に長い長方形を示し,長さ約28km,幅9km,面積255km2。中生層を基盤とし,島全体が標高200~350mの山地からなり,著しい海食を受けて海岸部にも低地は少ない。第2次大戦前は色丹村(1940年の人口1499)として根室支庁に属し,斜古丹湾などの良湾があって,近海千島方面第一の好漁場であった。戦後はソ連(現,ロシア)の施政下にあり,日ソ平和条約締結後,歯舞(はぼまい)諸島とともに日本に引き渡されることになっていたが,平和条約は締結されず,日本への復帰は実現されていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しこたんとう【色丹島】
北海道根室半島東方の海上にある島。面積255平方キロメートル。沿岸海域は昆布をはじめとする水産物に富む。第二次大戦後、ソ連(のちロシア連邦)の占領下にある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕色丹島(しこたんとう)

北海道根室(ねむろ)半島の東方沖、歯舞(はぼまい)諸島の東に浮かぶ島。アイヌ民族が歴史的に先住してきた。北方領土を構成する一島。面積250.2km2。根室支庁色丹郡に属し、大正末期に斜古丹(しゃこたん)村が村制施行、のち色丹村と改称した。東海岸の斜古丹山(標高413m)を最高峰とし山地・丘陵が卓越する。北岸の深い入り江の奥に斜古丹港・穴澗(あなま)港がある。1945年(昭和20)9月1日以降、ソ連(現ロシア)の占領下にあり、日露両国のあいだで「北方領土問題」として懸案となっている。南北約13km、東西約27kmの長方形の島。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

色丹島
しこたんとう
北海道東部、根室(ねむろ)半島納沙布(のさっぷ)岬北東約73キロメートルの沖合いにある島。北東―南西方向に長く約24キロメートルあり、幅は10~12キロメートル、面積250.16平方キロメートル。行政区画としては第二次世界大戦前から根室支庁(現、根室振興局)管内の色丹郡色丹村とされ、形式上はそのまま現在に至っているが、戦後はソ連、ソ連解体後はロシア連邦の施政下にある。北東端に中心地色丹(斜古丹(しゃこたん)ともいう)があり、戦前は根室と定期船で結ばれていた。南西端には錨地(びょうち)ノトロ、北西岸には錨地穴澗(あなま)がある。戦前の人口は861(1942)。全島で小学校5、郵便局2、駅逓(えきてい)1、無電局1が置かれていた。住民の大半は漁業に従事し、コンブ、貝類、サケ・マス、タラなどの漁業に従事した。[渡辺一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しこたん‐とう ‥タウ【色丹島】
北海道東部、歯舞(はぼまい)諸島北東端の島。いわゆる北方領土(北方四島)の中の一つ。斜古丹(しゃこたん)などの良港があり、近海は第二次大戦までカニ、タラの好漁場として知られた。現在はロシアが占有。色丹。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色丹島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色丹島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation