@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

色収差【いろしゅうさ】

デジタル大辞泉

いろ‐しゅうさ〔‐シウサ〕【色収差】
レンズを通して物体を結ばせるとき、その像の位置・大きさが、光の波長によって異なること。不鮮明な像となるため、屈折率の異なる複数のレンズで補正する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いろしゅうさ【色収差 chromatic aberration】
レンズを構成する光学材料の屈折率は光の波長により異なる。このため,像点の位置が波長によってずれて色のにじんだ像になったり,波長により焦点距離(したがって像倍率)が変わるために,像面上周辺にいくにしたがって像位置がずれ色のふちどりが生ずる。この現象を色収差といい,前者を縦の色収差,後者を横の色収差と呼ぶ。色収差は屈折率とその波長依存性(光の分散と呼ばれ可視光ではアッベ数で表されることが多い)の異なる種々の光学材料を組み合わせる複合レンズを作ることによって補正でき,このようなレンズを色消しレンズという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

色収差
いろしゅうさ
chromatic aberration
光学結像系においてガラスの屈折率が,波長 (色) により変化する (分散) ことによって起る収差。色収差により,白色光を入射させると像が色づいてにじんで見える。色収差には像点の位置が光軸方向でずれる軸上色収差と,像の大きさがずれる倍率色収差がある。色収差を補正したレンズを色消しレンズという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

色収差
いろしゅうさ

レンズによって生ずる像の位置や大きさが光の波長によって異なること。プリズムに太陽からの光を当てると、プリズムを通過したあとは、虹(にじ)のようなスペクトルに分かれる。これは、プリズムが、光を屈折させる程度が光の波長によって異なるために生ずる。光の屈折を利用して物体の像を生ずるレンズでも、屈折率が光の波長によって変化するため、白色光のように多くの波長の光からなる光を使用すると、像のできる位置や大きさが波長によって変化する。このように、異なる波長の光を使用したとき生ずる像の収差のことを色収差という。光の反射を利用する鏡では色収差は生じない。色収差を補正することを色消し、色収差を補正したレンズのことを色消しレンズという。写真印刷などの原版をつくる複写用レンズや高倍率の顕微鏡対物レンズは、よく色収差を補正する必要がある。

[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いろ‐しゅうさ ‥シウサ【色収差】
〘名〙 レンズなどで物体の像を結ばせるとき、結ぶ像の位置が、物体から出る光の色によって変わる現象。レンズに対する屈折率がそれぞれの物体の光の波長によって違うために起こる。〔現代術語辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色収差」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色収差の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation