@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

色相【しきそう】

デジタル大辞泉

しき‐そう〔‐サウ〕【色相】
色合い。色調。
彩度明度とともに、色の三属性の一。有彩色で、赤・黄・青など他の色と区別するよりどころとなる色の特質色合い
仏語肉眼で見ることのできる姿・形。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきそう【色相 hue】
色の属性の一つ。例えば,この花は明るくあざやかな赤色をしているといって花の色を表現するが,最後の赤色というのが色相である。色相は基本的には赤,黄,緑,青の四つがあり,さらに赤と黄,黄と緑,緑と青,青と赤の混じったものがある。したがって色相とは物を見たときに私たちが感ずる赤とか黄とか,あるいはそれらの混じった黄赤などの視感覚ということができる。なお,日常会話で色といえば,色相を指している。【池田 光男】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しきそう【色相】
色合い。
色の三属性の一。有彩色の色を、他の色と区別するよりどころとなる特質。赤み・黄み・青みなど。色合い。 → 彩度明度
肉眼で見られる形相。かたち。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

色相
しきそう
hue
光の波長に関連する色覚上の3属性の一つで,赤,橙,黄,緑,青,菫などの呼称 (色名) をもって相互に区別される。色調 (→トーン ) とほとんど同義に用いられるが,A.マンセル (→マンセルの表色系 ) や F.オストワルドの表色系においては,尺度化された一つの側面をさす。 (→飽和度 , 明度 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しき‐そう ‥サウ【色相】
〘名〙
① 仏語。
(イ) 物質的存在がそなえる生滅無常のすがたをいう。肉眼で見ることができる一切の外物。かたち。さま。
※和漢朗詠(1018頃)下「泉飛んでは雨声聞の夢を洗ふ 葉落ちては風色相の秋を吹く〈高丘相如〉」
※ぎやどぺかどる(1599)上「わが尋奉るでうすは、全く色相にあらず」 〔放光般若経‐一八〕
(ロ) 仏の色身の外見的な相貌をいう。
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「西方色相聞為宝、南郡栄華見可憐」 〔八十華厳経‐一〕
② 色あい。色調。
※黯い潮(1950)〈井上靖〉三「美しい深味のある色相」
③ 色の三属性の一つ。有彩色で、色を他の色と区別するよりどころとなる色の特質。赤み、黄み、青みなど。いろあい。〔実用印刷技術(1957)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

色相
しきそう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色相」の用語解説はコトバンクが提供しています。

色相の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation