@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【えん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えん
日本文学における美識の一つ。上品なあでやかさ,つやのあるはなやかな美などをいう。『天徳歌合』『源氏物語』をはじめ,室町時代にいたるまで,物語随筆歌論にみられる。室町時代には心敬が「ばかり艶なるはなし」 (『ひとりごと』) といい,内面的に深化した艶に美の理想をみた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あで【艶】
[形動][文][ナリ]《「あて(貴)」の音変化》色っぽくなまめかしいさま。あでやか。「香り高く蘭がに咲く」「姿」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん【艶】
[名・形動]
あでやかで美しいこと。なまめかしいこと。また、そのさま。「を競う」「な姿」
情趣に富むさま。美しく風情のあるさま。
「月隈なくさしあがりて、空のけしきも―なるに」〈藤袴
しゃれているさま。粋(いき)なさま。
「鈍色の紙の、いとかうばしう―なるに」〈・澪標〉
思わせぶりなさま。
「いとこそ―に、われのみ世にはもののゆゑを知り、心深き、類(たぐひ)はあらじ」〈紫式部日記
中世の歌学や能楽における美的理念の一。感覚的な優美さ。優艶美。妖艶美(ようえんび)。
「詞のやさしく―なるほか、心もおもかげも、いたくはなきなり」〈後鳥羽院御口伝

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん【艶】[漢字項目]
常用漢字] [音]エン(呉)(漢) [訓]つや なまめかしい あでやか
〈エン〉
なまめかしい。色っぽい。「艶歌艶冶(えんや)艶麗濃艶豊艶妖艶(ようえん)
男女の情事に関すること。「艶書艶聞
〈つや〉「艶事色艶
[名のり]おお・もろ・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つや【艶】
物の表面から出るしっとりとした光。光沢。「宝石を磨いてを出す」
なめらかで張りがあり美しいこと。「若々しいのある声」「肌にがある」
おもしろみ。味わい。「芸にが出る」
異性間の情事に関すること。「事」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

えん
?-? 江戸時代前期,南部行信(ゆきのぶ)の側室。
陸奥(むつ)盛岡の材木商岩井与市郎の娘。寛文5年(1665)キリシタン弾圧で処刑された父の晒(さらし)首をもちかえり円光寺で供養する。自身はキリシタンではなく,孝心からのおこないだったためゆるされ,さらに盛岡藩主行信の側室となり信恩(のぶおき)(のち6代藩主)を生んだ。通称はお蓮。法名は慈恩院。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

えん【艶】
元来は,容色の美しいのを意味する漢語で,怨情,媚態,華美,みやび,技巧性,離隔性などあれこれ用いられる。日本でも,《源氏物語》《枕草子》などでは,華麗優雅な上品さ,ほのぼのとした情趣,色めかしさなどの意に用いられた。平安時代の貴族的美意識を反映した語である。歌学用語としても,平安時代すでに歌合判詞や歌論の類に見え,しだいに和歌美的範疇を表す評語となる。藤原俊成の意識した艶の美には,《源氏物語》の〈もののあはれ〉を受け継ぎ,さらに余情美を求めようとする傾斜が認められる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えん【艶】
名 ・形動 [文] ナリ 
なまめかしく、あでやかである・こと(さま)。 -な女性 -な美しさ -を競う
歌学の美的理念の一。優雅であでやかな明るい美的感動をさす。余情の深くなったものを妖艶という。
風流なさま。風情のあるさま。 何心なき空の気色も、ただ見る人から-にも凄くも見ゆるなりけり/源氏 帚木
何ともいえずすてきであるさま。 鈍色の紙、いとかうばしう-なるに/源氏 澪標
思わせぶりなさま。気取ること。 例の-なると憎み給ふ/源氏 末摘花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つや【艶】
なめらかな物の表面にあらわれる、うるおいのある美しい光。光沢。 顔に-がある 塗り物を磨いて-を出す
声が若々しくはりがあること。声がひきしまってよく通ること。 -のある声
(話や態度などに加わる)面白みや味わい。 -のない話だ
粉飾ふんしよく。飾り。 実際の事実に多少の-を着ける/明暗 漱石
うれしがらせ。お世辞。 俺ら-いふわけぢやねえが/土
男女の間の情事に関すること。色めいたこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

艶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation