@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【いも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


いも
植物の地下茎や根の一部が肥大成長したもの。養分が貯蔵され,次の世代の成長のもとになる。芋にはの変形した塊茎 (ジャガイモなど) や球茎 (サトイモなど) ,根の変形した塊根 (サツマイモなど) がある。かつては芋といったとき,東北地方では山芋,その他の地方では里芋をさした。里芋は家の芋,畑芋といって,山の芋 (薯蕷) とともに古代から食用に供された。その後,17世紀の中頃唐芋 (甘藷薩摩芋ともいう) の栽培がすすめられ,味のよさと多収穫性とによって急速に広がった。また明治の初年にジャガイモが輸入され,北海道をはじめとする開拓地などを中心に普及した。芋にまつわる儀礼や行事は意外に多く,陰暦8月十五夜の芋名月をはじめ,芋の出来を競い合う芋競べ神事,座,芋祭などの神事が行われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いも【芋/×薯/×藷】
植物の地下茎が肥大して、でんぷんなどの養分を蓄えているものの総称。ヤマノイモサトイモサツマイモジャガイモなど。 秋》「―の露連山影を正しうす/蛇笏
(多く接頭語的に用いて)都会風でない、やぼなものをあざけっていう語。「侍」「歌手」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

う【芋】[漢字項目]
常用漢字] [音]ウ(呉)(漢) [いも
〈ウ〉イモ類の総称。「海芋(かいう)
〈いも〉「芋蔓(いもづる)里芋
[難読]芋茎(ずいき)芋苗(ずいき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うも【芋】
イモの古
「意吉麻呂(おきまろ)が家なるものは―の葉にあらし」〈・三八二六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

芋 (イエツイモ・ウモ)
植物。里芋の古名

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芋 (イモ)
植物。食用となる地下茎・塊根類の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うも【芋】
〘名〙 いも。
※万葉(8C後)一六・三八二六「はちす葉はかくこそ有るもの意吉麻呂が家なる物は宇毛(ウモ)の葉にあらし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation