@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芝居噺【しばいばなし】

大辞林 第三版

しばいばなし【芝居噺】
落語・人情咄の形体の一。江戸は初代三遊亭円生、大坂は初代桂文治の創始。
落語の中に芝居がかりで演じたり、芝居の真似を演じたりする箇所のある落語芝居噺。
人情咄の調子で進み、大詰めになって鳴り物や声色で芝居がかりとなり、引き抜きで衣裳を替え、立ち回りなどもあり、背景を用いる、東京の正本芝居咄。
既にある歌舞伎の一幕を、一人でさながらに演ずるものの、衣裳は通常のままであり、背景なども用いないが、オチのある上方の芝居正本落語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しばいばなし【芝居噺】
(1)大阪では,《親子芝居》《昆布巻(こんまき)芝居》《七段目》《質屋芝居》など,芝居に関する落語を指す。(2)東京では,芝居の台本どおりに演じる正本(しようほん)芝居噺をいう。落語の人情噺の途中で鳴物が入り,せりふが芝居風になって声色(こわいろ)が入り,衣装は引抜きになり,背景も見せて,ときには短刀のような小道具も使うなど,演出がすべて芝居風になる。《芝居風呂》《双(ふたつ)蝶々》などがそれであるが,初代三遊亭円生とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

芝居噺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芝居噺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation