@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芝居茶屋【シバイヂャヤ】

デジタル大辞泉

しばい‐ぢゃや〔しばゐ‐〕【芝居茶屋】
劇場に付属して、観客の案内・食事休憩などの世話をした茶屋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しばいぢゃや【芝居茶屋】
江戸から明治・大正期まで劇場付近で観劇客に各種の便宜を供した施設。江戸期の芝居見物早朝からまでかかったうえ幕間も長く,劇場の設備も不十分で,より快適な観劇を望む客は多く茶屋を利用した。もっとも,上等席は茶屋が前もって押さえていたから,桟敷などで観劇するためには茶屋を通すほかなかった。芝居茶屋の構造は2階建て。のれん提灯がかかり,内部の座敷が表から見える造りになっていた。観劇のため早朝芝居茶屋に到着した客は休憩後茶屋の草履をはき劇場の桟敷席に案内される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しばいぢゃや【芝居茶屋】
歌舞伎劇場に隣接して、観客のため桟敷さじきや枡席ますせきの確保・案内、食事などの世話を業とした茶屋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

芝居茶屋
しばいぢゃや
江戸時代から昭和初期に至るまで存在した歌舞伎(かぶき)観劇機関。江戸時代の劇場は座席のほかに付属設備がなく、幕間(まくあい)の休憩所も食堂もなかった。そこで、上等客が1日の芝居見物を楽しむことができるようにと、さまざまなサービスをしたのが芝居茶屋である。茶屋は桟敷(さじき)席の予約、食事の世話をはじめ、持ち物を預かり、さらに観劇後は贔屓(ひいき)俳優を招いてする酒宴の席にもなった。茶屋は2階建てで、軒に暖簾(のれん)・提灯(ちょうちん)をかけ、表の通りから座敷の内部が見通せるようにすることを義務づけられていた。
 掛け茶屋が初期歌舞伎の時代に劇場周辺の空き地につくられたのに始まるが、しだいに規模が大きくなり、大茶屋・小茶屋の等級も生じた。江戸では明和(めいわ)年間(1764~72)中村座に大茶屋16軒、小茶屋15軒、市村座に大茶屋10軒、小茶屋15軒、森田座に大茶屋7軒があって隆盛を極めた。大坂では、道頓堀(どうとんぼり)に非常に数が増えたのを、幕府が退去させ、改めて1692年(元禄5)12軒を許可、その5年後に46軒を追加公認したため、あわせて58軒の茶屋があった。これがいわゆる「いろは茶屋」で、かならずしも48軒と定まっていたわけではなく、幕末にはさらに増加し、「前茶屋」とよばれるようになった。明治以後は、明治20年代に開場した歌舞伎座・明治座ともに11軒の茶屋があり、大阪の前茶屋も20軒ほど残っていたが、いずれも大正末から昭和初期にかけて消滅した。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しばい‐ぢゃや しばゐ‥【芝居茶屋】
〘名〙 劇場の内部または付近にあって、見物人の案内、幕間の休息、食事などの世話をする茶屋。
※評判記・役者春空酒(1723)京「四条川原のにぎはふありさま〈略〉芝居茶屋(シバヰヂャヤ)軒をならべ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芝居茶屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芝居茶屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation