@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しば
東京都港区中東部の地区。旧区名。増上寺芝公園東京タワーなどがある。江戸時代港町,寺町であった。現在は,企業が進出し,オフィスビルも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し【芝】[漢字項目]
常用漢字] [音]シ(呉)(漢) [訓]しば
〈シ〉キノコの一種。マンネンタケ。めでたいしるしとされた。「桂芝(けいし)霊芝
〈しば〉イネ科の草の名。「芝居芝草芝生(しばふ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しば【芝】
イネ科の多年草。日当たりのよい地に密に生える。茎は強く、地面をはい、5月ごろ繊細な茎を出して紫色がかった穂をつける。庭園や土手に植えて芝生とする。芝草。
芝生などとして植えるの細い草。コウライシバギョウギシバブルーグラスなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しば【芝】
東京都港区地名芝公園増上寺泉岳寺東京タワーなどがある。もと東京市の区名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しば【芝】
東京都港区東・南部の地名。北は新橋,南は高輪たかなわ),東は東京湾沿いの芝浦,西は三田・白金の台地に及ぶ地域。地名の由来は一帯武蔵野の末の芝原であったからといい,また海岸にノリそだにする芝が見えたからともいう。1878年東京府15区の一つとして芝区が成立,89年東京市の発足によって東京市芝区となり,1947年赤坂区,麻布(あざぶ)区と合併して現在の港区となった。白金,三田,高輪の高台は明治政府の欧化政策によって外国公館邸宅が建てられた地で,三井俱楽部や慶応義塾大学(現存する明治建築としては演説館と図書館)が残り,赤穂浪士の墓のある泉岳寺,北里研究所,国立自然教育園などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


しば

東京都港区東部の地区、および旧区名。地名は芝浦(芝〈柴(しば)〉の生えた海浜)に由来する。以前は東京湾岸であり、北は新橋から南は高輪(たかなわ)までの広い範囲をさし、1947年(昭和22)赤坂・麻布(あざぶ)の旧区と合併して港区となるまで旧芝区であった。現在のJR山手(やまのて)・京浜東北線田町(たまち)駅および都営地下鉄三田(みた)・浅草線三田駅付近である。1393年(明徳4)貝塚(現、千代田区)に創建の増上寺(ぞうじょうじ)が1590年(天正18)徳川家の菩提寺(ぼだいじ)となり、1598年(慶長3)現在地に移ってから大寺として隆盛を極めた。その境内の一部が芝公園となり、一隅に東京タワーがある。芝大門(だいもん)の芝大神宮は江戸町民の大産土神(おおうぶすながみ)であった。

[沢田 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

芝 (シバ)
植物。山野に自生する雑木または雑草の称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芝 (シバ)
植物。芝生をつくる植物の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芝 (シバ)
学名:Zoysia japonica
植物。イネ科多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐ざま【芝】
〘名〙 江戸中期の国語学者、富士谷成章の用いた文法用語で、今日の形容詞ク活用に相当する。形容動詞を「在(ありさま)」、形容詞シク活用を「鋪(しきざま)」というのに対応する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しば【芝】
〘名〙
① 路傍や空地などに生えるイネ科植物などの葉の細い草。しばくさ。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
② イネ科の多年草のシバ、ギョウギシバ、コウライシバ、イトシバなどの総称。主に庭園などに植えられる。しばくさ。
※前田本枕(10C終)四七「しは、いとをかし。まろこすげ、つばな、いとをかし」
③ イネ科の多年草。各地の路傍や原野に生え、庭園や築山に栽植される。茎は堅く、地上を長く横にはい、節ごとにひげ根をおろす。葉は長さ五~一〇センチメートルの線状披針形で、下部は鞘となって茎を包み口縁には細毛がある。初夏、長さ一〇~二〇センチメートルの細い茎を直立し、茎頂に長さ三~五センチメートルの褐色の花穂をつける。しばくさ。〔日本植物名彙(1884)〕
④ 「しばみ(芝見)」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しば【芝】
東京都港区東部の地名。北は新橋、南は品川に接し、江戸時代は東京湾に臨む景勝地で、増上寺、青松寺、泉岳寺、愛宕神社などの寺社や武家屋敷が並んだ。かつての東京都三五区の一つであったが、昭和二二年(一九四七)麻布区・赤坂区と合併して港区となる。古くは「柴」とも表記。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation