@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芥屋ノ大門【けやノおおと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芥屋ノ大門
けやノおおと
福岡県北西部,糸島半島の北西端にある海食洞。日本三大玄武洞の一つで,糸島市北西部の芥屋にあり,玄海国定公園に属する。1966年国の天然記念物に指定。大門神社の御神体で俗信や伝説が多い。洞窟は平均の高さ 8m,幅 10m,奥行は約 90m。水深は入口で 10m。入口から 40mまで遊覧船が入る。大門崎(64m)は陸繋された岩山で,全山柱状節理をなす玄武岩の無数の石柱からなる。玄界灘に面した海岸には芥屋ノ大門のほかにも小呂島(福岡市),相ノ島(新宮町),七ツ釜 (佐賀県唐津市) など玄武岩洞の奇観が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

芥屋ノ大門
けやのおおと
福岡県糸島市(いとしまし)志摩(しま)地区西部、糸島半島北西にある海食洞。高さ64メートルの大門崎(おおとざき)の北面は玄武岩の柱状節理を示す絶壁をなし、その下方に高さ8メートル、幅10メートルの海食洞の入口がある。奥行90メートル、観光船で40メートルまで入れる。JR筑前前原(ちくぜんまえばる)駅から芥屋までバス30分。芥屋漁港から観光船が就航している。1966年(昭和41)国の天然記念物に指定され、玄海(げんかい)国定公園に属する。[石黒正紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥屋ノ大門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥屋ノ大門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation