@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芥川【アクタガワ】

デジタル大辞泉

あくた‐がわ〔‐がは〕【芥川】
大阪府高槻(たかつき)市を流れる川。明神岳に源を発し、淀川合流。長さ22キロ。また、その流域にある地名。[歌枕
「―みくづとなりし昔より流れもやらぬ物をこそ思へ」〈散木集・九〉
狂言。大蔵和泉流道連れになったからだの不自由な男どうしが、互いにそれを隠そうとするが、露見してしまう。脛薑(すねはじかみ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あくたがわ【芥川】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あくたがわ あくたがは【芥川】
[一] 大阪府高槻市の中央部を流れる淀川の支流。また、その近辺の地名。明神ケ岳付近に源を発する。「伊勢物語」で男が女(二条の后をモデルとする)を誘い出し、鬼にさらわれた話で知られる。全長二五キロメートル。歌枕。
[二] 狂言。大蔵流・和泉流。道連れになった片足の不自由な男と、指が曲がった男が、互いにそれを隠そうとするが、結局は露見してしまう。脛薑(すねはじかみ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あくたがわ あくたがは【芥川】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芥川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芥川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation