@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芦ノ湖【あしノこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芦ノ湖
あしノこ
神奈川県南西部,箱根山外輪山西壁と中央火口丘との間にある火口原湖。周囲 19.20km。面積 6.88km2。湖面標高 724m。最大水深 43.5m。箱根山の活動末期に神山の爆裂により早川がせきとめられて形成された。湖水は北西端から箱根用水に取水されている。北岸の湖尻と南岸の箱根間に遊覧船就航。夏は水上スキーモーターボートでにぎわう。湖畔には箱根神社,近世東海道の関所跡,スギ並木などがあり,富士山の眺望もよい。特に「さかさ富士」は箱根の代表的景観の1つ。ブラックバス,ヘラブナ,ニジマスなどの釣りも楽しめる。観光基地は国道1号線の通る南東岸の元箱根。富士箱根伊豆国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あし‐の‐こ【芦ノ湖】
神奈川県、箱根山上の火口原湖。面積6.89平方キロメートル。最大深度40.6メートル。湖面の標高725メートル。箱根用水水源

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしのこ【芦ノ湖】
神奈川県南西部,箱根火山の火口原湖。縄文後期に中央火口丘の神山(1438m)の水蒸気爆発によって,神山北西部が破壊され,その土石流によってカルデラ平原の一部がせき止められて生じた。湖面標高725m,最大水深40.6m,面積6.8km2。透明度はかつて16mであったが,現在は汚水流入により富栄養化に向かい4~7mである。水深25m以深の水温は7℃前後で,ほぼ一定しており,冬季結氷しない。夏季表面深部の水温差が大きいため遊泳は危険である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芦ノ湖
あしのこ

神奈川県南西部、箱根町にある湖。富士箱根伊豆国立公園に含まれ、箱根景勝の中心ともいえる。箱根火山の火口原湖で、ひょうたん形をし、南のほうが広くなっている。周囲18キロメートル、面積6.8平方キロメートル、最大深度40.6メートル、水面の標高725メートル。水は薄藍(うすあい)色で、透明度は以前は大きかったが、近年は観光開発の進んでいる元箱根付近ではしだいに小さくなってきている。芦ノ湖から眺める富士山は日本一の景勝といわれる。古来、箱根権現(ごんげん)(箱根神社)の御手洗(みたらし)池とされ、祭礼をはじめ諸行事にあたっての潔斎の場とされ、境内の一部にもなっていた。1666~1670年(寛文6~10)には湖尻峠の下に深良(ふから)用水(箱根用水。トンネルの長さ1.3キロメートル)が掘られ、これを通じて外輪山の西斜面(黄瀬(きせ)川流域)へ灌漑(かんがい)用水が送られることになった。以後芦ノ湖の水利権は静岡県側の水利組合に属し、地元箱根町の湖水の自由利用は規制されたままで、水利権者と地元との湖水利用の調整が課題となっている。1925年(大正14)湖水に放流された北アメリカ原産のブラックバスはここの名物となり、ヘラブナやヤマベ、ニジマスなどの釣りも楽しめる。箱根―元箱根―箱根園―湖尻間には定期遊覧船が通う。

[浅香幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

芦ノ湖
(神奈川県足柄下郡箱根町)
かながわの探鳥地50選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦ノ湖
(神奈川県足柄下郡箱根町)
かながわ未来遺産100」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦ノ湖
(神奈川県足柄下郡箱根町)
日本の重要湿地500」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

芦ノ湖
(神奈川県足柄下郡箱根町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あし‐の‐こ【芦ノ湖】
神奈川県箱根山上にある湖。箱根火山の火口原湖。富士八湖の一つで逆(さかさ)富士の姿が美しい。面積六・八平方キロメートル。最大深度四一メートル。湖面海抜七二五メートル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦ノ湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芦ノ湖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation