@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芦屋釜【あしやがま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芦屋釜
あしやがま
茶の湯の一種。福岡県遠賀郡芦屋町で鋳造された茶釜。生産は鎌倉時代末期から始り,博多,播磨,伊勢などにもその分派がある。室町時代中期頃が最盛期ですぐれた作品を生んだが,桃山時代に京釜盛行に押されて衰退し,江戸時代初期に終滅した。地肌がなめらかで,絵画的な文様を鋳出すのが特色

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

芦屋釜
福岡・芦屋町付近で作られた鉄製茶の湯釜総称。鋳造は鎌倉時代ごろに始まり、室町時代に名声が高まったが、援助していた戦国大名大内氏滅亡などで17世紀初めに鋳物師が消えたとされる。滑らかな手触りと胴部の文様、スカートのように張り出した「(は)」が特徴。国重要文化財に指定された茶釜9点のうち、九州国立博物館が収蔵する「芦屋楓流水鶏図真形(かえでりゅうすいにわとりずしんなり)釜」など8点を芦屋釜が占める。
(2006-01-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

あしやがま【芦屋釜】
筑前国(福岡県)遠賀川河口の芦屋の里で鋳造された茶の湯釜の総称。桃山時代以前のものをとくに古芦屋と呼ぶ。茶の湯釜の起源は建仁年間(1201‐04)に明恵上人が芦屋の鋳物師に鋳させたのに始まると,西村道冶の著した《釜師之由緒》にみえるが,天明釜の方が古いとする説もあり,つまびらかでない。茶の湯の隆盛に伴い,室町時代には名物釜が盛んにつくられた。芦屋釜の特色は引中型(ひきなかご)を用いていること,真形(しんなり)釜が多く,鐶付(かんつき)は鬼面を用い,地肌は滑らかで鯰肌(なまずはだ)が多く,陽鋳の絵画的地紋で飾られていることである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芦屋釜
あしやがま
鎌倉時代から桃山時代にかけて、筑前(ちくぜん)国(福岡県)遠賀(おんが)川河口の芦屋津で鋳造された茶釜の総称。形は真形(しんなり)、鐶付(かんつき)は鬼面(きめん)、肌は絹肌か鯰(なまず)肌を特徴とする。州浜、松、梅、竹、鶴(つる)、馬などの地紋もある。京釜の出現により、江戸時代初期には衰滅した。天命(てんみょう)釜と並ぶ古作釜の代表。[筒井紘一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

芦屋釜
あしやがま
筑前国(福岡県)遠賀川河口付近の芦屋で鋳造された茶の湯釜
室町時代から安土桃山時代にかけてが全盛。東山時代の作品は特に珍重される。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦屋釜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芦屋釜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation