@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芦田川【あしだがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芦田川
あしだがわ
広島県東部,吉備高原の世羅山中にを発し,御調川 (みつぎがわ) ,高屋川を合わせてほぼ南東流,福山市瀬戸内海に注ぐ川。全長約 80km。蛇行による河道変遷が激しく,流域水害に悩まされてきた。 1928年以降数次にわたる河川改修工事が行なわれ,上流の世羅町甲山地区に流量調節用の三川ダムが建設されるなど治水対策が進んだ。下流の三角州一帯の福山平野肥沃で,広く水田が開け,広島県東部最大の穀倉地帯。 1975年工業用水確保のための河口堰が完成した。地先には広大な埋立地が造成され,世界屈指の規模を誇る製鉄所が立地する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あしだ‐がわ〔‐がは〕【芦田川】
広島県東部を流れる川。三原市大和(だいわ)町蔵宗(くらむね)に源を発して東流し、府中市を経て福山市北部で南に方向を変え瀬戸内海に注ぐ。長さ86キロ。県東部では最大の河川。農業用水・工業用水・都市用水として利用される。河口中州に鎌倉室町時代にあった中世集落「草戸千軒(くさどせんげん)町遺跡」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしだがわ【芦田川】
広島県中央の世羅台地に発し,三川ダムより深く穿入蛇行して流れ,下流の府中市から神辺平野,福山平野を潤す。幹川流路延長86km,全流域面積870km2。広島県東部の農業,上水道,工業用水源として欠かせぬ存在だが,大洪水も頻発するため1923年より改修工事が進められた。主要工事は下流部での河道改修,工業用水取得のための河口堰建設,上流部の三川ダムがあり,93年度完成予定の八田原ダムがある。河口近くに港町市場町,明王院の門前町として栄え,中世の洪水で水没した草戸千軒町遺跡がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芦田川
あしだがわ

広島県東部を流れる川。一級河川。吉備(きび)高原の三原(みはら)市大和(だいわ)町地区が源流で、東流しながら世羅(せら)町、府中市などを経て福山市で瀬戸内海に注ぐ。延長86キロメートル、流域面積860平方キロメートル。福山平野はこの川のつくったデルタである。県東部では最大の河川で、農業用水のほか都市用水、工業用水としても利用される。水不足に備え、上流に三川(みかわ)ダム(1960)・八田原(はったばら)ダム(1998)を設けている。河口には堰(せき)がつくられているが、この堰は、洪水の際に水流を穏やかにし、水を少しずつ海に流すためと、1日17万トンの工業用水を得る目的で、151億円かけてつくられた(1972年着工、1981年完成)。堰の完成により、海水の川への逆流を防げるようになったが、アオコが発生するなど、河口堰付近の汚染が進んでいる。

 河口に近い福山市草戸町付近には、鎌倉時代に栄えた港町が河底に埋まっていたが、1973年(昭和48)から本格的に発掘され、草戸千軒町遺跡と名づけられた。「日本のポンペイ」とも称され、発掘された考古学上貴重な遺物などは、県立歴史博物館(1989年開館、福山市)に収蔵されている。

[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦田川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芦田川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation