@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花山院長親【かざんいん ながちか】

美術人名辞典

花山院長親
室町前・中期公卿歌人。内大臣家賢の子。は子晋、耕雲、法名は明魏。権中納言文章博士等を歴任、従一位内大臣に進む。博覧が高く歌道にも通じ、南朝遣臣でありながら室町将軍家にも厚遇された。『耕雲口伝』等数多くの家集・作がある。正長2年(1429)歿。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

かざんいん‐ながちか〔クワザンヰン‐〕【花山院長親】
[1346ころ ~1429]南北朝室町時代学者・歌人。号、耕右大臣新葉和歌集編纂(へんさん)に従事したといわれる。著「耕雲千首」「耕雲口伝」「耕雲紀行」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

花山院長親 かざんいん-ながちか
?-1429 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),歌人。
花山院家賢(いえかた)の子。南朝の後村上・長慶・後亀山天皇につかえ,康応元=元中6年(1389)内大臣にすすむ。南北両朝が統一された明徳3=元中9年ごろに出家。歌道・国学の学殖ふかく,南朝遺臣ながら将軍足利義持に厚遇された。正長(しょうちょう)2年7月10日死去。字(あざな)は子晋。号は耕雲。法名は明魏。著作に「耕雲口伝」「耕雲千首」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かざんいんながちか【花山院長親】
?‐1429(永享1)
南北朝~室町期の公卿。花山院家賢の子。南朝方の廷臣として内大臣の位まで昇り,後出家して臨済宗法灯派の僧となる。字子晋,諱(いみな)明魏。別号耕雲。足利義持に厚遇された。歌人としてよく知られ,その歌学は《耕雲口伝》に集約される。同書は経書および中国詩論の文言を駆使し,また渡唐天神信仰の原典《両聖記》を執筆するなど,和漢融合の思潮上注目すべき人物である。【今泉 淑夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花山院長親
かざんいんながちか
[生]?
[没]永享1(1429).7.10. 遠江?
南北朝時代~室町時代の歌人,学者。耕雲山 (散) 人,子晋明魏ともいう。父は正二位内大臣家賢 (いえかた) 。南朝に仕え,『新葉和歌集』の撰定に,宗良 (むねなが) 親王の相談役として関係。右大臣従一位にいたる。のちに出家して東山に耕雲庵を結び,歌論書『耕雲口伝』 (1408) などを残した。当時は二条派が歌壇を占めていたが,頓阿らに比べ,より自由な考え方を示した。実作には歌論ほどの自由さはみられないが,今川了俊や正徹にいたる反二条派的な傾向の源をなすといわれる。『源氏物語』の書写校訂のほか,仮名の起源,音韻を初めて説いた『倭片仮字 (やまとかたかな) 反切義解』の著述など国語学上の業績も多い。八十余歳で

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

花山院長親
かざんいんながちか
(1350ころ―1429)

南北朝・室町初期の歌人。法名子晋明魏(ししんみょうぎ)。耕雲(こううん)あるいは耕雲山人(散人)と号す。後醍醐(ごだいご)天皇の忠臣師賢(もろかた)(文貞公)の孫、家賢(いえかた)(妙光寺内大臣)の子。初め父祖の跡を継いで南朝に参仕、内大臣に至る。その間「南朝三百番歌合(うたあわせ)」「南朝五百番歌合」などに参加、『耕雲千首』を詠み、『新葉和歌集』の編纂(へんさん)にも従事し、「三年(みとせ)まで乾(ほ)さぬ涙の藤衣こはまたいかに染むる袂(たもと)ぞ」(父の死の翌々年後村上(ごむらかみ)帝の崩に際しての詠)など25首入集。南北朝最末期に遁世上洛(とんせいじょうらく)して出家、応永(おうえい)年間(1394~1428)東山に隠棲(いんせい)、やがて将軍義持(よしもち)に信任され、伊勢(いせ)へ随行の紀行『耕雲紀行』もある。正長(しょうちょう)2年7月没。歌論書『耕雲口伝』などに宋(そう)代詩論と禅の影響があり、『源氏物語』その他古典の書写もある。

[福田秀一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かざんいん‐ながちか【花山院長親】
南北朝・室町時代の歌人、学者。師賢の孫。姓、藤原。号、耕雲。法名は明魏。南朝に仕えて右大臣となる。のち出家。「耕雲千首」の他、歌論書「耕雲口伝」がある。五十音、いろはの研究書「倭片仮字反切義解(やまとかたかなはんせつぎげ)」などを著わす。正長二年(一四二九)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花山院長親」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花山院長親の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation