@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花崗斑岩【かこうはんがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花崗斑岩
かこうはんがん
granite porphyry
花崗岩と同じ鉱物化学組成をもつ完晶質斑状の火成岩石英アルカリ長石および少量の鉄苦土鉱物 (黒雲母,角閃石など) が斑晶をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かこう‐はんがん〔クワカウ‐〕【花×崗斑岩】
花崗岩と同じ組成をもつが、石英正長石などが斑晶(はんしょう)をなす岩石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

花崗斑岩
最初は粗面岩に用いられたが[Nose : 1789],その後花崗岩に相当する斑状完晶質半深成岩的な岩石と再定義された[Kittel : 1840].類似した岩石と比較すると,石英珪長岩は石基が珪長質で結晶質かどうかはっきりせず,一般に斑晶が少ない.石英斑岩は石基が微結晶質である.これに対して花崗斑岩は石基が多少粗粒で比較的多量の斑晶を含んでいる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

花崗斑岩
かこうはんがん
granite porphyry

花崗岩と同じ化学組成と鉱物の種類や量比をもつが、大きな結晶とその周りのそれほど粒の大きくない結晶がはっきり区別される岩石。大きな結晶をなす鉱物は石英とアルカリ長石がおもで、黒雲母(くろうんも)、角閃石(かくせんせき)、斜長石は少量である。斜長石が多くなると花崗閃緑岩(せんりょくがん)ポーフィリーとよばれる。地下の浅い所に貫入してできた花崗岩体の縁の部分や岩脈として産する。日本では中生代白亜紀の花崗岩や流紋岩に伴って、中国地方や中部地方に多く産する。

[千葉とき子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かこう‐はんがん クヮカウ‥【花崗斑岩】
〘名〙 花崗岩と同じ鉱物組成で、石英やカリ長石の斑晶をもつ斑状の岩石。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花崗斑岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花崗斑岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation