@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花崗質砂岩【かこうしつさがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花崗質砂岩
かこうしつさがん
arkose
石英,アルカリ長石の砂粒を主とし,粘土などのセメント物質を少量しか含んでいない砂岩花崗岩やそれと同質の変成岩の機械的風化による砂粒が固結したもので,アルコースともいう。硬砂岩よりは色が白く,石英質砂岩よりも長石に富んでいる。起源については,砂漠や氷河気候の地域で花崗岩が浸食され,それが堆積,固結したものという説と,気候とは関係なく,土地の隆起速度が速く,浸食,堆積の盛んな地域でつくられるという説がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花崗質砂岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花崗質砂岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation