@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花巻【ハナマキ】

デジタル大辞泉

はなまき【花巻】
岩手県中部の市。もと南部氏の城下町奥州街道宿場町北上川舟運の河港として発達。稲作・花卉(かき)栽培などの農業が基盤鹿踊(ししおど)りの行われる花巻温泉郷があり、宮沢賢治生家高村光太郎山荘が残る。平成18年(2006)1月、大迫町・石鳥谷(いしどりや)町・東和町と合併。人口10.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はな‐まき【花巻】
※人情本・春告鳥(1836‐37)二「蕎麦の声、〈略〉『はな巻てんぷらあられでござゐ。そばイ、そばイ』」
[2] 岩手県中西部の地名。北上川の支流、瀬川・豊沢川の扇状地に発達。江戸時代は奥州街道の宿駅、南部氏二万石の城下町として発展。精密機械・食品などの工場がある。北西部の花巻温泉郷が有名。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花巻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花巻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation