@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花托【かたく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花托
かたく
receptacle
花床ともいう。花柄 (花をつける枝) の先端で,花の各部 (花葉) が着生する部分。わずかにふくらんでいるもの,筒状のもの,子房と癒着するものなど,花によって異なる。イチゴイチジクの食用部分は花が特に発達したものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐たく〔クワ‐〕【花×托】
花柄(かへい)の先端で、花びら雄しべ雌しべ萼(がく)などがつく部分。花床

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたく【花托】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたく【花托】
花柄の上端にあって、花弁・めしべなどをつける部分。花床。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

花托
かたく
花床(かしょう)ともいう。被子植物の花において、花葉(かよう)がつく軸の部分のことで、小花柄(かへい)に続く。モクレン科のように花托の伸長した状態を原始的とする意見が一般的である。花の進化に伴って花托は短縮し、ついにはへこんで子房を包むようになる。そうなれば、リンゴのように花托も子房とともに花期後に肥大して偽果(ぎか)を形成する。
 花托の一部分が膨らんで雄しべや雌しべの台のようになったり、それらを取り囲んで環状に隆起したものを花盤(かばん)という。ムクロジ科などでは花盤は花冠と雄しべの間にあって雄しべを囲み、ミカン科などでは雄しべと雌しべの間にあって雌しべを囲む。花盤は蜜(みつ)を分泌するものが多い。[田村道夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐たく クヮ‥【花托】
〘名〙 =かしょう(花床)〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花托」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花托の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation