@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花押【かおう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花押
かおう
書判 (かきはん) ともいう。簡略な形に変化させた自署。自署は最初楷書で書いたが,次第に草書体 (草名) になり,その人独特の形様に模様化したとき花押と称した。花押の類型としては草名から変化した草名体,実名 (つくり) などを合せる二合体,ある1字を形様化した一字体,符号ようのものや象形的なものを用いる別用体などがある。花押は自筆一筆で書くのを原則とするが,同一人の花押でも長年月の間には変化がみられるものや,2種類以上使用した例もある。花押を印刻したものもあり,近世になると籠字 (かごじ。輪郭だけの文字) をで塗って花押としたものもある。江戸時代以後は庶民の間では印章が普及し,あまり用いられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐おう〔クワアフ〕【花押/華押】
文書の末尾などに書く署名の一種。初め、自署のかわりとして発生したものが、平安末期より実名の下に書かれるようになり、のちには印章のように彫って押すものも現れた。その形態により、草名(実名の草書体をさらに図案化したもの)、二合体(実名の旁(つくり)などを組み合わせたもの)、一字体(実名の一字、または特定の文字を図案化したもの)、別用体(文字と関係のない動物などの形を図案化したもの)、明朝体(中国の明代に流行した様式で、天地2本の線を引いたもの)などに分かれる。また、まったく単純な略記号からなるものを略押(りゃくおう)という。花字(かじ)。押字(おうじ)。→書き判

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かおう【花押】
記号もしくは符号風の略式の自署(サイン)で,判(はん),書判(かきはん),判形(はんぎよう),押字(おうじ)などともいった。花押の起源は自署の草書体にある。これを草名(そうみよう)とよび,草名の筆順形状がとうてい普通の文字とはみなしえないまでに特殊形様化したものを花押という。
[起源と種類]
 花押の発生は中国にあって,その時期は遅くも唐代中期と見られている。日本の花押も中国にならって用い始めたと考えられ,その時期は遺存史料の限りでは10世紀前半期ころのようである(933年の坂上経行の花押が初見)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

花押
かおう

自署のかわりに書く記号。印判と区別して書判(かきはん)ともいう。印章と同様に文書に証拠力を与えるもので、個人の表徴として偽作を防ぐため、その作成には種々のくふうが凝らされた。

 花押は中国の唐代から現れるが、わが国では平安時代の10世紀のころからしだいに用いられるようになった。初め自署は楷書(かいしょ)で書くのが例であったが、行書から草書に変わり、しだいに実名の二字の区別がつかない図案風のものとなった。これを草名(そうみょう)といい、平安時代に多くみられるが、後世までとくに書状に用いられることが多かった。花押の類型は、作り方からみると草名体のほかに、実名の二字の一部を組み合わせた二合体(にごうたい)、名の一字だけをとった一字体、文字と関係のない図形を用いた別用体、中国の明(みん)代に流行した様式で、天地の2本の横線の間に書く明朝体があり、以上の5類型は江戸時代の有職家(ゆうそくか)伊勢貞丈(いせさだたけ)の分類として有名である。しかしこのほかにも、前記の類型の複合型もあり、苗字(みょうじ)・実名・通称の組合せによるものなど、その様相は複雑である。一字体のなかには変種が多く、実名と関係のない文字を選んで、理想や願望を表したりするものが室町時代以降戦国織豊(しょくほう)期に多くなり、文字を倒置したり裏返しに書くものも現れた。禅僧の花押も一種独特の風味のあるもので、文字よりは符号に近い抽象的な表現になっている。また身分の低い者や無筆の者が用いる略押も花押の一種で、〇や×などの簡略な符号であった。同一人でも草名体と他の形式の花押をもつ例があり、義満(よしみつ)以降の足利(あしかが)将軍のように武家様と公家(くげ)様の花押の2種を使用する例もみられる。また一生の間には花押にも書風の変遷があるが、意識的に、改名・出家・政治的地位の変化などを転機として花押を変えることがあり、偽造を防ぐために頻繁に改作したり、用途によって数種の花押を使い分けることもあった。

 花押は時代によってもその様相は変遷する。平安時代は草名体・二合体が主流であり、中世になると二合体・一字体がそれにかわり、さらに前述の新様式が現れ、江戸時代には明朝体がもっとも流行した。花押は自署のかわりとして発生したものであったが、平安末期より実名の下に花押が書かれるようになり、のちには実名と花押を連記する風が生じた。実名と花押の関係が薄れると印章と変わるところがなくなり、さらに花押を彫って捺(お)すようになると、花押も印章化し、花押にかわって印章を捺すことが一般化した。なお、今日でも閣僚などが公式文書に花押を使用することがある。

[皆川完一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

花押
かおう
文書に署名するかわりに書く判
書判 (かきはん) ともいう。初め文書に署名することから,だんだんに略式化されたもので,日本での初見は9世紀中ごろ。(1)草名体…署名の草書体から変化したもの,(2)二合体…実名の偏や旁 (つくり) などを合成,(3)一字体…ある一字の形様化,(4)別用体…文字の符号化あるいは象形化したもの,(5)明朝体…天地両線があるのが特徴,に分類される。江戸時代には花押を木判で押すものまでできてくる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花押」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花押の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation