@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花柄【カヘイ】

デジタル大辞泉

か‐へい〔クワ‐〕【花柄】
花軸から分かれ出て、その先端をつける小さな花梗(かこう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな‐がら【花柄】
花の模様を施してあること。また、その模様。「花柄ブラウス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

花柄
かへい

花梗(かこう)ともいう。花や花序(かじょ)をつける枝をいう。個々の花を支える末端の枝を小花柄または小梗(しょうこう)といい、花序全体を支える枝を総花柄または総梗という。穂状(すいじょう)花序では小花柄は短縮し、花はほとんど無柄になる。タンポポなどのように根元より出て分枝せず、葉の発達も悪く、花を頂生するような茎を花茎(かけい)という。

[田村道夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐へい クヮ‥【花柄】
〘名〙 花軸から分かれ、その先端に花をつける小さな枝。花梗(かこう)
※山椒魚(1929)〈井伏鱒二〉「杉苔は最も細く且つ紅色の花柄の尖端に、可憐な花を咲かせた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はな‐がら【花柄】
〘名〙 花の模様。はながた。
※面影(1969)〈芝木好子〉六「派手な花柄のマフラーで髪をおおって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花柄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花柄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation