@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花鏡【かきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

花鏡
かきょう
書名。『はなのかがみ』ともいう。世阿弥著。応永 31 (1424) 年嫡子元雅に伝えた能楽秘伝書で,『風姿花伝 (花伝書) 』を発展させ,40代から老後にいたるまでのについての芸術論を説く。題目6ヵ,事書 12ヵ条,計 18条から成る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かきょう〔クワキヤウ〕【花鏡】
能楽論書。世阿弥著。応永31年(1424)成立。世阿弥が60歳ごろ、みずから悟りえたところを能芸論としてまとめ、長男観世元雅(かんぜもとまさ)に授けたもの。はなのかがみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かきょう【花鏡】
世阿弥の著した能楽論書の一つ。別名を〈はなのかがみ〉ともいう。父観阿弥の教えに基づいて書いた最初の能楽論《風姿花伝》に続いて,彼が40余歳のころからおよそ20年間にわたる芸得の神髄を書き連ねたもので,稽古に関する標語表題として掲げた題目6ヵ条と,末尾の〈〉以外は〈……事〉と題する事書12ヵ条の計18ヵ条から成る。初め《花習(かしゆう)》という題名14ヵ条にまとめていたものを,その後,数次にわたって増補し,最終的には1424年(応永31,著者62歳)か,その少し前に成立した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

はなのかがみ【花鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

花鏡
かきょう

世阿弥(ぜあみ)の能の理論書。1424年(応永31)長男観世元雅(かんぜもとまさ)に伝えた秘伝で、父観阿弥(かんあみ)の教えによる『風姿花伝(ふうしかでん)』(花伝書)を発展させ、40代から老後に至る実践から創造された、世阿弥の芸術論の極致である。「心を十分に動かして身を七分に動かせ」という心の働きの重視、自分の舞い姿を客観視するための「離見(りけん)の見」といった発想、老境における「無心の能」という芸位の追究を説き、「初心忘るべからず」「能は若年より老後まで習ひとほるべし」との稽古(けいこ)の強調に貫かれ、「命には終りあり能には果てあるべからず」といいきっている。

[増田正造]

『久松潜一他校注『日本古典文学大系65 歌論集・能楽論集』(1961・岩波書店)』『表章他校注・訳『日本古典文学全集51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(1973・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かきょう クヮキャウ【花鏡】
室町中期の能楽論書。一巻。世阿彌著。応永三一年(一四二四)成立。著者四〇歳頃から六〇歳前後までの体験を題目六か条、事書一二か条の秘伝として収める。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はなのかがみ【花鏡】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation