@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花魁道中【オイランドウチュウ】

デジタル大辞泉

おいらん‐どうちゅう〔‐ダウチユウ〕【花魁道中】
江戸時代、の高い遊女が馴染み客を迎えに郭内茶屋行き帰り特定の日に美しく着飾って遊郭の中を練り歩いたこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おいらんどうちゅう【花魁道中】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おいらん‐どうちゅう ‥ダウチュウ【花魁道中】
〘名〙 江戸時代、著名な遊郭で、上妓が馴染みの客を迎えに郭内の茶屋などへ出向くときのゆきかえり。また、上妓や突出しの遊女が特定の日に郭中を練りあるくこと。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「阿意蘭道中(オイランダウチウ)八文字、放つ心の駒下駄は、十字に踏出す沓(くつ)の音」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花魁道中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花魁道中の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation