@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花鳥諷詠【カチョウフウエイ】

デジタル大辞泉

かちょう‐ふうえい〔クワテウ‐〕【花鳥×諷詠】
近代俳句理念の一。俳句は、四季による自然の現象とそれに伴う人事とを、先入観念を排して純粋に叙景的に詠むのが理想であるとするもの。高浜虚子が昭和2年(1927)に主唱して以来ホトトギス派の指導理念となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かちょうふうえい【花鳥諷詠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かちょうふうえい【花鳥諷詠】
高浜虚子が昭和初期に唱えたホトトギス派の主張。四季の変化によって生ずる自然界の現象およびそれに伴う人事界の現象を無心に客観的に詠むのが俳句の根本義であるとするもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かちょう‐ふうえい クヮテウ‥【花鳥諷詠】
〘名〙 (「花鳥」は目に映ずる自然。「諷詠」は心におこる詠嘆) 四季の変化による自然界や人間界のさまざまな現象を、ただ無心に、客観的にうたいあげること。高浜虚子が昭和二年(一九二七)に、これが俳句の本道であると主張してから、ホトトギス派俳句の基本的な理念として尊重された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花鳥諷詠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花鳥諷詠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation