@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

花鳥諷詠【カチョウフウエイ】

デジタル大辞泉

かちょう‐ふうえい〔クワテウ‐〕【花鳥×諷詠】
近代俳句理念の一。俳句は、四季による自然の現象とそれに伴う人事とを、先入観念を排して純粋に叙景的に詠むのが理想であるとするもの。高浜虚子が昭和2年(1927)に主唱して以来ホトトギス派の指導理念となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かちょうふうえい【花鳥諷詠】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かちょう‐ふうえい クヮテウ‥【花鳥諷詠】
〘名〙 (「花鳥」は目に映ずる自然。「諷詠」は心におこる詠嘆) 四季の変化による自然界や人間界のさまざまな現象を、ただ無心に、客観的にうたいあげること。高浜虚子が昭和二年(一九二七)に、これが俳句の本道であると主張してから、ホトトギス派俳句の基本的な理念として尊重された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

花鳥諷詠
四季の変化による自然界や人間界のさまざまな現象を、ただ無心に、客観的にうたいあげること。

[使用例] 私の花鳥諷詠というのでありますが、この花と申すのは花鳥風月ということで、芭蕉がよく申しました[高浜虚子*花鳥諷詠|1928]

[使用例] 彼を崇拝するぬいが、花鳥諷詠に心をひき入れられたのは当然である[松本清張菊枕|1953]

[解説] 「花鳥」は花と鳥、すなわち目に映ずる自然の意味。「諷詠」は詩歌を詠むこと。高浜虚子が昭和二年(1927)に、これが俳句の本道であると主張してから、ホトトギス派俳句の基本的な理念として尊重されました。

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花鳥諷詠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

花鳥諷詠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation