@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芳沢あやめ(1世)【よしざわあやめ[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芳沢あやめ(1世)
よしざわあやめ[いっせい]
[生]延宝1 (1673)
[没]享保14 (1729)
歌舞伎俳優。元禄期の名女方。本姓斎藤。その芸談『あやめ草』によれば,大坂道頓堀で色子(いろこ)綾之助として丹波亀山の郷士橘屋五郎左衛門の世話を受け,1世嵐三右衛門に役者として取り立てられ,五郎左衛門の家名とその替名権七をもらって芸名とした。若衆方から立役,のち女方となった。初め吉沢,やがて「吉」の字を「」に改めた。元禄11(1698)年の『けいせい浅間嶽』の三浦はあたり役で,正徳1(1711)年京都夷座座本。享保2(1717)年「三ヶ津惣頭」という最高芸位を得た。芸の体はまったく女なりと評され,地芸に秀で愁嘆のせりふが上手で,観客を泣かせたという。長男(元禄15〈1702〉~宝暦4〈1754〉)が 2世芳沢あやめを襲名明和1(1764)年四男(享保5〈1702〉~寛政4〈1774〉)が 3世となった。二男は山下又太郎で立役,三男は 1世中村富十郎で宝暦期の名女方。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芳沢あやめ(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芳沢あやめ(1世)の関連情報

関連キーワード

北村季吟検地カロンヴィルマンカロン延宝井原西鶴検地呉三桂三藩の乱

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation