@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芸亭【うんてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芸亭
うんてい
芸亭院ともいう。日本最古の公開図書館。奈良時代末期,淡海三船 (おうみのみふね) とともに文名の高かった石上宅嗣 (いそのかみのやかつぐ) が,自宅を 閦寺 (あしゅくじ) とし,寺内の東南隅に建てたもの。特に外典 (げてん仏教経典以外の書) を集め,好学に,閲覧させた。宅嗣の記した条式に,亭の設立は,儒仏一体の思想によることが述べられている。賀陽豊年 (かやのとよとし) をここに招いて,数年間諸書を研究させたこともある。9世紀初め頃まで存続したらしい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うんてい【芸亭】
奈良時代末に有名な文人の大納言石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が設けた書庫。日本最初の公開図書館とされる。芸亭院ともいう。《続日本紀》天応1年(781)6月条の宅嗣のなどによれば,彼は自宅を改造して阿閦寺(あしゆくじ)を建立し,寺の南東隅に外典(げてん)の書庫を中心とする一区域を設けて芸亭と名付け,好学者に自由に閲覧させたという。阿閦寺は,平城京の左京2条,奈良市法華寺の南東にあったらしい。芸亭の〈芸〉は〈芸〉とは別字で,一種の香草をいい,虫害を防ぐために書巻の中に入れたことから書籍のにも用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


うんてい
奈良時代の末期、石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が開いた、わが国最古の公開図書館。『続日本紀(しょくにほんぎ)』によると、宅嗣がその旧宅を阿(あしゅくじ)として、寺内の一隅に外典(げてん)(仏教関係以外の書)を収蔵する書庫を設け、亭と名づけ、閲覧を希望する好学の士があれば、自由にこれを許したとある。亭の「」は香草のことで、虫を防ぐため書籍に挟んだのが書籍の別名になったからとか、阿如来(にょらい)を示す梵字(ぼんじ)の「ウン」と同音の漢字からとったとの説がある。その場所は奈良の法華寺(ほっけじ)の南東の地で、近年この地の発掘調査が行われた。[大塚徳郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

芸亭
「うんてい」と読む.奈良時代末期(設立年は不詳),文人石上宅嗣が,奈良の自宅を阿寺とし,その一隅に置いた図書館.奈良時代後半,藤原氏が政権を掌握する過程や,仏教が政治と結び付いて腐敗する状況を見ていた宅嗣が,晩年になって仏教と儒教の統一による新たな思想の模索を目指し,読書,思索,論議の場として芸亭を開設した.同じ志を持つ人々が集い,学び,論議したようである.日本最初の公開図書館といわれるが,宅嗣が属する物部氏一族のための閉鎖的な組織ではなかったものの,その性格からすれば会員制の図書館と呼ぶ方が適切と思われる.宅嗣の死後いつしか失われた.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

芸亭
うんてい
奈良末期,石上宅嗣 (いそのかみのやかつぐ) がつくったわが国最初の公開図書館
宅嗣が私邸を阿閦 (あしゆく) 寺とし,その一隅に図書を集め,好学の士に閲読させた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸亭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸亭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation