@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芸者【げいしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芸者
げいしゃ
遊芸をもって宴席に酒を添える接客婦。関西では芸子芸妓)という。その原型は古代の白拍子にみられるが,元禄年間(1688~1704)に遊郭において,伎芸に不熟な遊女に代わってそれを行なう太鼓女郎が現れ,これが宝暦年間(1751~64)から芸者と呼ばれるようになった。遊郭の芸者に対して町芸者と呼ばれるものもあり,これは天和年間(1681~83)に興った踊り子が,明和年間(1764~72)にこの呼称によって呼ばれるようになったものである。町芸者は待合茶屋や客の私宅へ出かけて接客し,遊郭の芸者が伎芸だけに終始したのに対し,公然と売春行為を行なった。1873年,明治政府は芸者規則を制定し,鑑札制をとることとしたが,芸者および娼妓の「二枚鑑札」を認めたため,芸者の売春を公認することになり,いわゆる不見転(みずてん)芸者を続出させる結果を招いた。第2次世界大戦後,前借金による身売り制度の禁止に伴い,芸者の地位にも大きな変化が現れ,公には芸者置屋は一種の下宿屋として扱われ,通い芸者の存在すら一般化されているが,それ以前には一部の自前芸者,看板借り芸者を除き,前借金による年季を定めた身売り制度が普通であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げい‐しゃ【芸者】
歌舞・音曲を行って酒宴の席に興を添えることを職業とする女性。芸妓(げいぎ)。
遊芸に秀でている者。
「あの者は隠れもなき音曲の―に御座候」〈浮・桜陰比事・二〉
芸能を職業とする者。役者。
「末座にある―に膳をすえず」〈咄・醒睡笑・七〉
遊里などで、酒宴に興を添える男。男芸者。太鼓持ち。幇間(ほうかん)。
「たいこもちは―と云ふ」〈洒・辰巳之園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げいしゃ【芸者】
宴席に招かれて主として日本調の遊芸で興を添える職業女性。関西では芸子(げいこ)といい,明治以後の官庁用語では芸妓(げいぎ)と称する。芸者には,遊郭に発生した郭(くるわ)芸者と市中に散在した町芸者との2系統があった。郭芸者の出現は,大坂享保(1716‐36),江戸で宝暦(1751‐64)ごろであるが,その前身元禄時代(1688‐1704)の太鼓女郎(たいこじよろう)がいた。遊女の芸能不足を補うために生まれたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芸者
げいしゃ
芸妓(げいぎ)の古称および俗称。関西では芸子(げいこ)と俗称する。料理屋、待合などで伎芸(ぎげい)を演じ酒食を斡旋(あっせん)して興を添える女性。その源流は古代の白拍子(しらびょうし)にもみられ、旧中国の歌妓などとともに東洋的接客婦の一種である。[原島陽一]

沿革・風俗

芸者の前身は、元禄(げんろく)年間(1688~1704)に二つの別の形のものがほぼ同時におこった。その一つは、遊廓(ゆうかく)で遊女の伎芸不足を補うために生まれた太鼓女郎で、これがさらに専業化して宝暦(ほうれき)年間(1751~64)から芸者とよばれるようになった。芸者とは芸の巧みな者のことで、当時は遊芸に限らず武術に優れた者も芸者であった。遊廓では、幇間(ほうかん)の男芸者と区別して女芸者とよんでいた(のちに芸者は女芸者だけをさすようになったが、関西では逆に男芸者の略称となり、女芸者は芸子となった)。女芸者は初めは遊女屋の専属であったが、のちに他の遊女屋へも出張するようになり、吉原では遊女屋に同居しない仲之町芸者(見番芸者ともいう)も出現した。遊廓の芸者は吉原の場合にもっとも特徴的で、売春はせずに伎芸(三味線音楽と踊り)だけによる専門職業人として遊女とは違った吉原芸者の見識を示したもので、寛政(かんせい)(1789~1801)以後明治までこの特色が守られた。
 他の一つは、元禄ごろに出現した踊り子という私娼(ししょう)である。名前のように踊りを名目として、招きに応じて出張する形式であった。初めは少女が多かったが、しだいに年ごろの女性が増えるとともに、踊りから三味線音楽の芸に移っていき、明和(めいわ)年間(1764~72)には遊廓の女芸者との対比から、これを町芸者とよぶようになった。町芸者が武士や町人の私宅へ出張したのは踊り子を踏襲したものであるが、料理屋などへ招かれることも多く、やがて料理屋、船宿(ふなやど)などをおもな出先として接客するようになり、その売春もなかば公然と行われた。
 前記の2系統の芸者は発生こそ違ったが、歌舞音曲で客を接待するという点では共通しており、売春についても、江戸吉原のほかは遊廓芸者といえども禁止は不徹底であり、関西の芸子は多くが遊廓内に所属していながら売春を前提としていたから、2系統に実質的な違いはなかった。ただし、その後の数的発展からいえば、私娼街の繁栄とも関連して町芸者系のほうが多く、江戸では2、3人の芸者がいない町はないといわれたほどに増加した。なかでも深川の芸者は町芸者の代表といわれ、容姿、接客態度、心情における意気と侠気(きょうき)とは客の支持を受け、辰巳(たつみ)芸者(深川が江戸の辰巳の方角=南東にあたることによる)と特別の名称が与えられていた。黒縮緬(ちりめん)の着物に幅広の帯を後ろに垂らし素足の爪(つめ)に紅をさすなどの風俗も粋(いき)なもので、芸者としては珍しく羽織を着用したので羽織芸者ともよばれた。服飾物は時代や土地によって違ったが、外出の際に左手で裾(すそ)を引き上げる左褄(ひだりづま)は関西の芸子にまで及ぶほどの特徴的なしぐさで、のちに芸者の異名となった。
 明治以後は警察の監督下に置かれ、官庁用語には芸妓が多用されるようになり、花柳界勢力の増大が芸者を急増させた。これには政官財界の待合・芸者の利用が深く影響しており、社交界の中心的存在として娼妓よりも上位の接客婦の地位を与えられた。これとともに伎芸の質的向上を図る動きが一部におこり、のちに一中節、宮薗(みやぞの)節など古曲の伝承によって無形文化財に指定されるほどの芸者も出ている。しかし、芸者の増加は、酌婦と区別しにくいような低い伎芸の、または売春専業に近い芸者を輩出させる結果となった。ゲイシャ・ガールとして国際的に有名となったのは東洋的売春婦とみられたからである。第二次世界大戦後の1947年(昭和22)以降は公安委員会の監督下に置かれ、地方自治体の風俗営業施行規則によって出先の範囲を規制されている。最近は、芸者の本来の伎芸であるべき古典的三味線音楽を演じられる芸者がしだいに減少していき、洋髪の増加にしたがって、着物の裾(すそ)を引いた「出(で)」の衣装を着る約束も崩れるなど、かなりの変化が現れている。[原島陽一]

業態

芸者は、芸妓置屋に籍を置いて所属営業地内の待合・料理屋・旅館などをおもな出先とし、出先への出勤、勘定には検番の周旋を受ける。芸妓置屋との雇用形態は、前借金による年季奉公形式の一種の身売りが多く、10歳ぐらいから雑用を働きながら基礎伎芸を習得して半玉(はんぎょく)を経て芸者となる仕込みの形態はその典型であったが、現在は児童福祉法などの関係で認められない。稼ぎ高の配分比率によって、丸抱え、七三、分け、逆七などの契約があるが、この場合にも前借金を負うことが多い。また、配分の対象となる稼ぎ高(花代や祝儀など)の区分や生活費の負担割合などは場合によって異なり、しかも主要収入の花代の計算が複雑であって、その清算はわかりにくい。なお雇用契約でない看板借り(看板料という一定の権利金を置屋に支払う)と、少数の自前(じまえ)(芸者が置屋を兼ねる)とがあり、最近は置屋に同居しない通勤芸者もある。[原島陽一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げい‐しゃ【芸者】
〘名〙
① 一芸に秀でたもの。芸達者な人。または、多芸な人。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※虎明本狂言・祇園(室町末‐近世初)「『今は太このやくなれば〈略〉』『げいしゃにならせ給ひなば、もとのごとくにちぎるべし』」
② 芸能を職業とするもの。能太夫、連歌師、狂言役者、俳諧師、歌舞伎役者、音曲師、曲芸師など。芸人。
※上井覚兼日記‐天正一四年(1586)正月一三日「深行まて御酒宴也。渋谷同心之芸者参候。今春又次郎も参候。種々乱舞也」
③ 舞踊、音曲などで、酒席をとりもち興を添える男性。幇間(ほうかん)。たいこもち。男芸者。
※雑俳・口よせ草(1736)「御機嫌に入るとおもへばげひ者のき」
④ 舞踊、音曲などで、酒席に興を添えるのを業とする女性。江戸中期頃から江戸で用いられたことばで、上方の芸子(げいこ)にあたる。幕末から明治にかけて、上方でも用いられるようになった。芸妓。女芸者。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)上「近所の評判のげいしゃ、おゑんといふ踊子を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation