@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芸能【げいのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芸能
げいのう
本来は術と同義語。身についた芸,からだで修得した技術,技能,あるいはそれを実際に駆使できるわざ,働きをさす。したがって中世では,中国の六芸の考え方を受けて,芸能は貴族教養として必須であったが,近世に入って次第に武術も芸能化した。一方,生産に従事する民間では,五穀豊穰,共同体の繁栄を願って神に奉納された芸能から,今日のいわゆる民俗芸能伝承され,またそのなかから,階級の埒外にいて芸能を専門の業とする職業芸能人が生れてきた。近代に入って,art訳語として「芸術」という言葉が定着するにつれ,現代演劇,西洋音楽,洋舞など,ヨーロッパ文化の影響下に成立したものは芸術として区別され,能,歌舞伎人形浄瑠璃,音曲などの伝統芸能と,落語講談漫才,流行歌謡奇術軽業 (かるわざ) その他のいわゆる大衆芸能とを味するようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げい‐のう【芸能】
映画・演劇・落語・歌謡・音楽・舞踊など、主に大衆演芸向けの娯楽の総称。「古典芸能」「芸能人」
学問・芸術・技能などについてのすぐれた能力。
「社会上の地位は何できまると云えば…第三には―で極る場合もある」〈漱石・野分〉
教養として身につけなければならない学問・芸術などの技芸。礼・楽・射・御・書・数の六芸(りくげい)のほか、詩歌・書画・蹴鞠(しゅうきく)など。
生花・茶の湯・歌舞音曲などの芸事

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げいのう【芸能】
芸術諸ジャンルのうち,人間の身体をもって表現する技法と形の伝承をいう。音楽,舞踊,演劇,演芸などの類がそれである。これらは時と場所を限定した瞬時の演技演奏によって表され,それがただちに消滅するので瞬間芸術ともよばれるが,近代には録画録音の機械技術が発達し,映画,テレビ,ラジオ,レコードなどの媒体を通しての作品をも芸能とよぶようになった。
[芸能の意味の変遷
 芸能は元来,芸と能の熟語であった。古代中国の《記》《論語》などに見える芸は才技,技術,学習などの意で,《周礼》にいう六芸(りくげい)は,周代官人のまなんで備えるべき礼,楽,射(弓術),御(馬術),書,数に関する学問やわざを意味した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芸能
げいのう
演劇、舞踊、音楽、歌謡、民俗芸能、映画、大衆演芸などを総称して便宜的に用いられることが多いが、その概念はかなりあいまいで、時代によっても異なり、定義づけることはむずかしい。現代では、人々の娯楽的要求にこたえて演ずる「芸」をさす。
 芸能は、もと中国のことばで、一般に修得した才芸、伎芸(ぎげい)、技能の意であった。『史記』(亀策(きさく)列伝)には「博(ひろ)く芸能の路(みち)を開き、悉(ことごと)く百端(百家)の学を延(あまね)くす」とある。中国では芸は実践すべきものとし、「六芸(りくげい)」と称して、礼(礼儀作法)、楽(歌舞音楽)、射(弓術)、御(ぎょ)(馬術)、書(学問)、数(算術)を芸能とした。わが国でも中古から中世にかけて、漢詩、和歌、俳諧(はいかい)、雅楽、猿楽(さるがく)、神楽(かぐら)、催馬楽(さいばら)、朗詠、今様(いまよう)、宴曲(えんきょく)、笛、琴、鼓、蹴鞠(けまり)、流鏑馬(やぶさめ)、犬追物(いぬおうもの)、双六(すごろく)、囲碁などを芸能の分野に入れていた。世阿弥(ぜあみ)は『風姿花伝(ふうしかでん)』のなかで、「そもそも芸能とは、諸人の心を和らげて上下の感をなさん事、寿福増長の基、遐齢延年(かれいえんねん)の法なるべし」と芸能の奥義と効能を述べている。しかし、戦国時代には芸能は武士に迎えられず、近世にも武士の間ではあまり喜ばれなかった。
 近世になると芸能は歌舞音楽に関するものが中心となり、職業的芸能人が続出するようになった。そのため芸能という用語の範囲が狭められていった。明治に入ってからは芸能教育が消極的になり、学校教育に西洋の唱歌や楽器類は採用されても、日本の伝統芸能が用いられることはほとんどなくなってしまった。第二次世界大戦後は、芸能が著しく解放され、学校でも芸能科という課程が設置されて、美術、書道、音楽、工作などがこのなかに入れられた。また、マスコミの世界では芸能が重要視され、いわゆる芸能人がもてはやされるようになった。一方、学問研究の分野でも、芸能に関する文献を渉猟したり、整理考証する作業が進められ、芸能や芸能史の研究に従う学徒が増加。そして芸能研究の学会も組織され、芸能文化にかかわる学術的な専門研究書や雑誌が盛んに出されるようになっている。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げい‐のう【芸能】
〘名〙
① 学問、芸術、技能など、貴族やりっぱな人物が教養として身につけていなければならない各種の才芸、技芸。礼・楽・射・御・書・数の六芸(りくげい)を中心に、詩歌・書画などの文学芸術、雅楽・猿楽・神楽(かぐら)・催馬楽(さいばら)などの歌舞音曲、蹴鞠(しゅうきく)・流鏑馬(やぶさめ)・囲碁などの遊戯を含む。
※江談抄(1111頃)三「吉備大臣入唐習道之間、諸道芸能博達聰慧也」
② 学問、芸術、技能などについてのすぐれた能力。芸に長じた才能。また、芸事の技能。
※令集解(718)職員「医疾令云。凡国医生。業術優長。情願入仕者。本国具述芸能。申送太政官
※風姿花伝(1400‐02頃)一「二十四五。この比、一期のげいのふの、定まる始めなり。さる程に、稽古の堺なり」 〔史記‐亀策伝〕
③ 生け花、茶の湯、歌舞音曲などの芸事。遊芸。
※兵範記‐仁安二年(1167)一一月一五日「次巡事施各芸能、頭中将今様、下官朗詠、以下人々又朗詠」
④ 映画、演劇、歌謡、落語、音楽、舞踊、民俗芸能など大衆的演芸の総称。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「およそ、彼は芸能の方面に、無知識であって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation