@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

芸術のための芸術【ゲイジュツノタメノゲイジュツ】

デジタル大辞泉

芸術(げいじゅつ)のための芸術(げいじゅつ)
《〈フランスl'art pour l'art芸術それ自体に絶対的価値を置く芸術至上主義主張

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げいじゅつのためのげいじゅつ【芸術のための芸術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

芸術のための芸術
げいじゅつのためのげいじゅつ
l'art pour l'art フランス語

芸術は美だけを目的とする自律的な存在であり、その他のいかなる目的によっても規定されるべきではないとする主張。元来19世紀前半のフランスの「芸術至上主義」の標語であったが、現在では「芸術至上主義」とほぼ同義にも用いられる。「人生のための芸術」l'art pour la vieに対立する。

 V・クーザンは「芸術が芸術のためにあるべきであるのと同様、宗教は宗教のために、道徳は道徳のためにあるべきである」(『真美善論』Du vrai, du beau, et du bien 1836。1818年の講義の記録)と述べ、「芸術のための芸術」の命名者とされる。このことばの厳密な初出は、B・コンスタンの日記(1804年2月11日)にあり、彼はカントの美学に言及しつつ「目的を持たない芸術のための芸術」と記した。この主張が広く流布する1830年代のフランスでは、七月革命(1830)以後の金融資本家の支配下で産業革命が進行し、悲惨な労働者階級が生み出されていた。この不安状態を背景に当時のジャーナリズムが、芸術は政治や社会改革に奉仕すべきだという主張を掲げて文学批判を行ったのに対抗して、ゴーチエは「芸術のための芸術」を自己の創作の立場として宣言した。小説『モーパン嬢』の序文(1834)で彼は「真に美しいものは何の役にも立ち得ないものだけであり、有用なものはすべて醜い」と極言したが、これは芸術理論の展開というよりは論戦的性格の強いものであった。この主張は、高踏派の詩人たちや、またボードレール、フロベール、マラルメらによって受け継がれる。広義にはイギリスのワイルド、アメリカのポーをも同様の場にたつ作家としてあげることができる。これに対立する「人生のための芸術」は、現実の人生の問題との関連を保ち社会の要求に即応する芸術を主張し、トルストイ、ギュイヨーらの考えによって代表される。また、20世紀前半の形式主義的芸術理論を「芸術のための芸術」の流れをくむ思想としてとらえる場合もある。代表的理論家は、文学論におけるブラッドリー、視覚芸術の分野におけるベル、フライらである。この理論では、芸術作品の意味は作品の形式構造自体に存し、作品外的なものを指し示さないことが強調される。

 この主張は一般に芸術創作や批評の主要原理の一つとみなされると同時に、ダダ、シュルレアリスム、キュビスムなどの理論的基礎ともなっている。

[小穴晶子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げいじゅつ【芸術】 の ための芸術(げいじゅつ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

芸術のための芸術
げいじゅつのためのげいじゅつ
芸術至上主義」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸術のための芸術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

芸術のための芸術の関連情報

関連キーワード

フリードランダー共和党(フランス)芸術原始美術シャーカフスキーバーニー(Matthew Barney)レトロウイルス感染症生殖補助医療テクノロジカル・アートディディ・ユベルマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation