@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

苅萱桑門筑紫𨏍【カルカヤドウシンツクシノイエヅト】

デジタル大辞泉

かるかやどうしんつくしのいえづと〔かるかやダウシンつくしのいへづと〕【苅萱桑門筑紫𨏍】
浄瑠璃時代物。五段。並木宗輔・並木丈輔作。享保20年(1735)大坂豊竹座初演。苅萱道心説話による。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かるかやどうしんつくしのいえづと【苅萱桑門筑紫】
人形浄瑠璃。時代物。5段。並木宗輔・並木丈輔合作。1735年(享保20)8月大坂豊竹座初演。三段目口(くち)を豊竹駒太夫,切(きり)を豊竹越前少掾が語った。能や説経の《苅萱》,古浄瑠璃《くづは道心》(1674)などを先行作とし,女の髪が嫉妬と化して食い合う話(《一遍上人年譜略》),《北条九代記》などを採り入れて脚色。 (1)二段目 筑前の城主加藤左衛門尉繁氏は,日ごろ仲むつまじい御台所牧の方と妾千鳥が,うたたねの間に内心の嫉妬を顕し,黒髪が蛇と化して食い合うありさまを見て発心し,出家遁世する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かるかやどうしんつくしのいえづと ‥ダウシンつくしのいへづと【苅萱桑門筑紫𨏍】
浄瑠璃。時代物。五段。並木宗輔、並木丈助合作。享保二〇年(一七三五)大坂豊竹座初演。苅萱伝説に題材をとり、説経節、浄瑠璃、歌舞伎などの影響を受けて成立。筑前の大名加藤繁氏が発心して高野山に入り苅萱と名のる。御台と石童丸が父を訪ねて高野へ向かう悲劇を脚色。三段目の玉取り(守宮酒(いもりざけ))が有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苅萱桑門筑紫𨏍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苅萱桑門筑紫𨏍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation