@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

苗字帯刀【みょうじたいとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

苗字帯刀
みょうじたいとう
江戸時代,農工商などの庶民名字 (苗字) を称し,帯刀するという士に準じる資格を許されることをいう。この資格には永代許可,一代限り,あるいは名字や帯刀の一方だけなどのがあった。明治維新後,帯刀は禁止,名字はだれでも名のれるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みょうじたいとう【苗字帯刀】
中世以来近世を通じての武士身分の基本的属性。武士身分の基本単位は〈家〉であり,〈家〉とは父子相伝を基本とする一個の団体で,個々の家の支配領域ないし所有物としての家産(所領,禄米),〈武〉という伝来家業,一個の団体の名としての家名の統一物であったが,この家名,家業ということにかかわって苗字,帯刀が武士身分の基本的属性をなしていた。もっとも,中世には上層農民の中にみずから武装し苗字を名のる者があったが,近世に入って兵農分離,刀狩等の一連の国家の政策によって,苗字帯刀が原則として武士身分に固有の特権であることが制度的に確定される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

苗字帯刀
みょうじたいとう
名字帯刀とも書く。江戸時代、切捨御免(きりすてごめん)などとともに武士に許された特権の一つ。しかし、ときとして農工商の庶民にも許された。その多くは郷士をはじめ特別の由緒をもつ庄屋(しょうや)(名主(なぬし))、町年寄、御用商人などであり、ほかに孝行者や特別に功労のあったものなどがあった。だが、苗字と帯刀をともに許されるのはまれであり、苗字だけのもの、帯刀だけのもの、それも一代限りのもの、永代にわたるものなどさまざまであった。またそれらの例は幕府御領に少なく、大名領に多くみられたという。幕府は御領・私領のいかんを問わずにそれを許したが、その場合、特権は全国に通用した。しかし、大名・旗本の場合、特権は領内のものにしか許すことができず、その有効範囲も領内に限られた。苗字は社会的栄誉であり、帯刀は武士の政治的特権であったから、苗字のほうが帯刀よりも容易に許されたという。[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苗字帯刀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苗字帯刀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation