@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

若年寄【わかどしより】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

若年寄
わかどしより
江戸幕府の職名。老中に次ぐ重職で,老中留守居,三奉行などの管轄以外の諸士を統轄幕政に参与し,参政少老執事旗本支配とも呼ばれた。初めは専任の職ではなく,寛永 10 (1633) 年松平信綱以下6人に協議して小事を裁決させたのがりで,同 15年若年寄と呼ばれるようになった。一時中絶されたこともあったが,寛文2 (62) 年復活し,延享2 (1745) 年制度改革し,以後幕末まで常置された。小禄譜代大名が任じられ,普通定員は3~5名であった。別に西丸若年寄,大御所付若年寄がいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わか‐どしより【若年寄】
江戸幕府の職名。老中に次ぐ重職で、旗本および老中支配以外の諸役人を轄。小禄の譜代大名の中から通常数名が任ぜられた。少老。
若いのに言動が年寄りじみた人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わかどしより【若年寄】
江戸幕府の職名。老中に次ぐ重職。老中朝廷寺社諸大名など幕府外部の諸勢力を管轄することによって国政を担当したのに対して,若年寄は,旗本,御家人などを指揮,管理することにより,将軍家の家政機関としての幕府内部のことを掌握した。若年寄の職名と職掌は,3代将軍徳川家光の時代の六人衆に起源する。1632年(寛永9)大御所秀忠の死によって実質的に幕政を掌握した家光には,太田資宗三浦正次阿部重次阿部忠秋堀田正盛松平信綱の六人衆と呼ばれた6人の出頭人(しゆつとうにん)が存在しており,彼らは旗本を統率して家光の身辺を護衛すると同時に,常時家光に近侍して諸事を取り次ぐ役割を果たしていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わかどしより【若年寄】
江戸幕府の職名。老中を補佐しつつ幕政の枢機に参与する一方で、旗本・御家人の支配統轄にあたった。定員は五名前後であり、譜代大名の中・小禄の者から選ばれた。
まだ若いのに年寄りじみたことを言ったりしたりする人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

若年寄
わかどしより
江戸幕府の職名。全国の支配を担当した老中に対し、旗本支配を軸に将軍家中の支配を担当した。2代将軍秀忠(ひでただ)期の「江戸老中」に端を発し、3代将軍家光(いえみつ)期の「六人衆」のもとで職掌が整えられた。1634年(寛永11)の「定(さだめ)」には、
 一 御旗本相詰候万事御用并(ならびに)御訴訟之事、
 一 諸職人御目見(おめみえ)并御暇(おいとま)之事、
 一 医師方御用之事、
 一 常々御普請(ごふしん)并御作事方(ごさくじかた)之事、
 一 常々被下物(くだされもの)之事、
 一 京大坂駿河(するが)(その)外所々御番衆并諸役人御用之事、
 一 壱万石以下組はつれ之者御用并御訴訟之事、右之条々、承届可致言上者也(うけたまわりとどけごんじょういたすべきものなり)
とある。一般には前掲の職掌を担当する「六人衆」を制度史上、若年寄の起源と考えている。しかし「六人衆」は、同じ家光期の1649年(慶安2)に消滅し、その職掌は老中の支配に移される。その後、4代将軍家綱(いえつな)期の1662年(寛文2)に若年寄が設置され、改めて老中・若年寄の分掌事項・支配の役職が定められ幕末に至った。およそ4人を定員とし、ほぼ奏者番(そうじゃばん)、寺社奉行(ぶぎょう)の役職にある1万石から6万石ほどの譜代(ふだい)大名(帝鑑間(ていかんのま)・菊間詰(きくのまづめ))から補任(ぶにん)され、城中は中奥(なかおく)の御用部屋で老中らとともに政務をとった。のち老中あるいは側用人(そばようにん)などに昇格した者も多かった。[北原章男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わか‐どしより【若年寄】
〘名〙
① 江戸幕府の職制の一つで老中に次ぐもの。主として旗本・御家人の支配・監督にあたり、譜代大名中、小祿の者から選ばれた。若家老。
※禁令考‐前集・第二・巻一五・寛永一一年(1634)三月三日「若年寄職務定則 定 一御旗本相詰候万事御用并御訴訟之事」
② 若いのに老人のように元気を失っている人。若朽(じゃっきゅう)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

若年寄
わかどしより
江戸幕府の老中につぐ職名
旗本・御家人を管理統轄したほか,職人・医師・作事に関する事務をも処理した。定員は3〜5名で,小禄の譜代大名から選任し,老中と同じく月番制で執務。年寄(老中)に対して若年なる年寄の意味で,1633年松平信綱以下6人に旗本以下のことを分掌させたのに始まる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若年寄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

若年寄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation