@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

若菜【わかな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

若菜
わかな
地歌・箏曲曲名京風手事物松浦検校作曲。手付は八重崎検校作詞大坂の前田某という。正月子の日の若菜摘みの情景を歌ったもの。構成は,前歌-手事 (手事・中チラシ・本チラシ) -後歌。前歌の初めにみられる母音を伸ばした歌い方は,声明 (しょうみょう) を取入れたものといわれる。前歌および後歌の最後において,歌と三弦が同旋律となるのも特徴。手事は『八重衣』の手事と類似しており,チラシは『新浮舟』のチラシと合う。三弦は二上り。箏は平調子。のんびりとした春らしい曲調が好まれる。なお,箏組歌『四季の組』の第1曲目にも同名の曲がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わか‐な【若菜】
春に芽ばえたばかりの食用になる草。「若菜を摘む」
年頭の祝儀に用いる七種の新菜。古く宮中で、正月の初の子(ね)の日(のち7日)に、万病を除くとしてこれを羹(あつもの)にして食べる習わしがあった。
正月7日に七種の新菜を入れて作る餅粥(もちがゆ)。2の風習が民間行事化したもの。若菜粥。七草粥。 新年》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わかな【若菜】[書名・狂言]
源氏物語第34・35巻の巻名。上・下に分ける。光源氏39歳から47歳。女三の宮の光源氏への降嫁明石女御の皇子出産、柏木と女三の宮との事件などを描く。
狂言。和泉流果報者が仲間と遊びに出かけ、若菜摘みに来た大原女(おはらめ)たちと出会って酒盛りとなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わかな【若菜】
日本の芸能,音楽の曲名。(1)狂言 女狂言。現在,和泉流にのみある。果報者が,同朋(僧形近侍)のかい阿弥を連れて野辺へ遊びに出る。そこへ大原女たちが〈春ごとにを祝ひて若菜摘む……〉といながら通りかかる。果報者はその風情に心ひかれ,女たちを呼んで,ともに酒盛りをして,かわるがわる謡い舞う。やがて日も暮れたので,なごりを惜しみつつ別れを告げる。登場は果報者,かい阿弥の2人に大原女数人で,かい阿弥がシテ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わかな【若菜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

わか‐な【若菜】
[1] 〘名〙
① 春さきに萌え出る蔬菜(そさい)の類。摘んで、羹(あつもの)にしたり餠粥に入れたりなどして食べる。千代菜草。《季・新年》
※万葉(8C後)一一・二八三八「河上に洗ふ若菜(わかな)の流れ来て妹があたりの瀬にこそ寄らめ」
② 年頭の祝儀に用いる菜。公家の行事として、正月の初の子(ね)の日、七日の白馬(あおうま)の節会などにこの羹を食べるならわしがあった。
※土左(935頃)承平五年一月七日「ことものども、長櫃にになひつづけておこせたり。わかなぞけふをばしらせたる」
③ 正月七日に七種の菜を入れて作る餠粥。②の風習が民間行事化したもので、江戸時代には若菜の節(せち)として確立しており、この日は将軍以下すべてがこれを食し、年中の病災をはらい、無事息災を祝った。若菜粥。七草粥。《季・新年》
※俳諧・犬子集(1633)一「源氏ならで上下にいはふ若菜哉〈親重〉」
④ 年ごろのおとめのたとえ。
※随筆・北里見聞録(1817)一「寐餠 津軽の売女也〈略〉年頃なる小女をさして若菜と云。寐餠に対していふか」
[2]
[一] 「源氏物語」第三四、三五帖の巻名。上下に分ける。光源氏三九歳の一二月から四七歳の一二月まで。朱雀院の女三宮の光源氏への降嫁と、それを迎える紫上の苦悩、柏木の女三宮への思慕とそれによる女三宮の懐妊、その真相を源氏に知られた柏木の心痛と発病などを描く。いわゆる正編第二部のはじまりの巻。
[二] 狂言。和泉・鷺流。大名が供をつれ野遊びに出るが、若菜を摘みに来た大原女たちと出会って酒盛りとなり謡い舞う。大蔵流でも江戸初期の「大蔵虎明本」にはこの曲が見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

若菜
わかな
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
万治2.11(江戸・松平大和守邸)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若菜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

若菜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation