@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

若衆歌舞伎【わかしゅかぶき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

若衆歌舞伎
わかしゅかぶき
寛永6 (1629) 年から承応1 (52) 年までの約 25年間に行われた,前髪をつけた少年による歌舞伎をさす。慶長8 (1603) 年出雲阿国がかぶき踊を創始した直後から行われていたが,寛永6年の女歌舞伎の禁によってクローズアップされた。その芸態は,『業平躍』『大小狂言』などが断片的に残されているだけで詳しくはわかっていないが,若衆美貌売物で,エロティックな歌詞による踊りや,能・狂言当世風に砕いた寸劇,狂言小舞などを見せていたと思われる。男色による風紀上の弊害を理由に承応1年禁止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わかしゅ‐かぶき【若衆歌舞伎】
初期歌舞伎形態の一。寛永6年(1629)女歌舞伎禁止のあとに台頭したもので、前髪のある美少年舞踊を中心とした。承応元年(1652)男色による弊害から禁止され、以後野郎歌舞伎となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わかしゅかぶき【若衆歌舞伎】
前髪立ちの美少年の魅力を中心とした歌舞伎。1603年(慶長8)4月に出雲のお国が歌舞伎踊を創始したが,その同じ年の9月には,5歳の童男の歌舞伎が宮中に招かれたという記録があるので,少年の歌舞伎はきわめて早くから行われていたことが知れる。しかしこれが盛んになるのは,29年(寛永6)ころ女歌舞伎の禁令以後で,52年(承応1)に江戸で禁じられるまでの約25年間を,ふつう若衆歌舞伎時代と呼んでいる。慶長初年から京の五条河原や下鴨などで,美少年の踊り,狂言の興行があり,僧侶などの関心を集めていたことが記録に残っているが,こういった踊りや能狂言,あるいは獅子舞軽業(かるわざ)などを演じていた少年の座が,歌舞伎の名に転じたのであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わかしゅかぶき【若衆歌舞伎】
江戸初期、前髪のある少年(若衆)によって演じられた歌舞伎。女歌舞伎禁止後に盛行したが、風俗を乱すということで1652年に禁止された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

若衆歌舞伎
わかしゅかぶき
初期歌舞伎の一時期の名称。歌舞伎の創始は出雲(いずも)の阿国(おくに)に代表される女性による踊りの芸能だったが、1629年(寛永6)「女歌舞伎」が禁止され、かわって若衆歌舞伎が社会の表面に現れてきた。すでに女歌舞伎全盛時代から併行して行われていた若衆の芸能が発達したものである。だが、これも風俗を乱すとの理由により、1652年(承応1)に禁止される。若衆歌舞伎の時代は二十数年間という短期間だった。その芸は女歌舞伎とあまり変わらなかったが、主演者の若衆俳優によって舞の芸が発達したこと、能や舞狂言の影響が強まったこと、軽業(かるわざ)芸を取り入れたことなどに特徴がある。代表的俳優は猿若(さるわか)勘三郎、玉川千之丞(せんのじょう)、右近(うこん)源左衛門らで、その多くは次の「野郎歌舞伎」の時代にも引き続いて活躍した。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わかしゅ‐かぶき【若衆歌舞伎】
〘名〙 江戸初期、若衆形が演じた歌舞伎。寛永六年(一六二九)女歌舞伎が禁じられた後に出現したが、役者が男色の対象となり、殺傷事件が起こったので、承応元年(一六五二)禁じられ、以後野郎歌舞伎となった。
※御触書寛保集成‐四六・慶安五年(1652)六月「此度若衆哥舞妓御法度に被仰付候に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

若衆歌舞伎
わかしゅかぶき
江戸前期,元服前の前髪姿の美少年を中心とした歌舞伎
1629年女歌舞伎の禁止に代わって寛永(1624〜44)ころに流行。女歌舞伎と変わらず好色趣味にふけり,風紀上の弊害がはなはだしいとして,'52年禁止された。のち前髪を剃り落とした野郎歌舞伎に移行した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若衆歌舞伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

若衆歌舞伎の関連情報

関連キーワード

シュッツロドリゲスシャー・アッバース[1世]明正天皇アッバース1世マリヤック女歌舞伎三十年戦争ベラスケスマサチューセッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation