@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

苦力【クーリー】

デジタル大辞泉

クーリー【苦力】
《〈中国語〉》もと中国やインドの下層労働者の呼称。19世紀後半、黒人奴隷に代わる労働として売買された。クリー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリー【苦力】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

クーリー【苦力 kǔ lì】
旧中国において用いられた,中国人の未熟練労働者に対する呼称。語源については必ずしも明らかでないが,一般的にはタミル語の雇用という言葉を英語でcoolie,coolyと表示し,それを漢字で力とあてたとされる。中国人は外来語を,意訳でなく音で表示する場合に,音が相似していて味内容が適切な漢字をあてる。苦力はその典型例で,苦しい力役に従事する労働者という意味を出している。もともとイギリス人がインド人労働者をさしてクーリーと呼称したが,19世紀南アフリカに在住していたインド人一般をクーリーと軽蔑の意をこめて呼んだ例も知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

苦力
くーりー

インドや旧中国の労働者、とくに荷担ぎ夫、鉱夫、車夫などをさす。タミル語で雇うということばを英語でcooly, coolieと表記し、それを中国で苦力と表記したといわれる。人間労働力として売買される点では奴隷と同じであった。アメリカではリンカーンにより1862年に奴隷が解放されたが、苦力は奴隷にかわる労働力として、清(しん)朝の禁令にもかかわらず、外国の商人や中国買弁の手で香港(ホンコン)、マカオを中心に、西インド諸島、南アフリカ、南北アメリカ、オーストラリアなどに大量に送られた。1872年(明治5)3月、日本政府の外務卿(きょう)副島種臣(そえじまたねおみ)が、横浜で中国の苦力多数を乗せたペルー船マリア・ルーズ号を拿捕(だほ)して苦力を解放した事件は、国際的に大きな波紋を投げかけた。苦力の売買は国際的には1874年マカオの苦力取引禁止令によって終わったが、中国では形を変えた苦力制度が長く温存され、日本も中国侵略中、鉱山、土建業、港湾においてこの制度を利用した。1949年10月の中華人民共和国成立以降、こうした制度は完全に廃止された。

[山下龍三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クー‐リー【苦力】
〘名〙 外国人が、重労働に従事する中国やインドの下層労働者を指してよんだことば。西インド諸島やアフリカのイギリス植民地などの開発に酷使された。
※風俗画報‐二一七号(1900)公使以下籠城の日記「先きに通州に派遣せし外部の苦力(非教民)帰り報ずる所に依れば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

苦力
クーリー
coolie
中国・インドの下層労働者をさして呼んだ名称
19世紀後半,西欧諸国は黒人奴隷の解放による植民地労働力の不足をインド,ついで中国からの労働者の強制移入で補い,仔豚貿易(pig trade)と呼ばれる悲惨なクーリー貿易が行われてその数は増加した。この結果,華僑海外進出が助長された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation