@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

苦礬ざくろ石【くばんざくろいし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

苦礬ざくろ石
くばんざくろいし
pyrope

ざくろ石の一種。他のざくろ石に比較して自形結晶はまれで、やや硬度が高い。桃赤色ないし深赤色透明なものは宝石として利用される。エクロジャイト(榴輝(りゅうき)岩)の主要造岩鉱物として産したり、グラニュライト相ないし角閃(かくせん)岩相に属する高変成度の変成岩中、灰長岩中、キンバレー岩中などに産する。日本では愛媛県東赤石山などに産するが、量は少ない。天然には純粋な苦礬ざくろ石はなく、鉄礬ざくろ石と連続固溶体をつくり、灰礬ざくろ石成分も固溶する。特徴的な赤色をしているところから、英名は「火のような」という意味のギリシア語に由来する。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苦礬ざくろ石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

苦礬ざくろ石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation