@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英仏通商条約【えいふつつうしょうじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

英仏通商条約
えいふつつうしょうじょうやく
Anglo-French Commercial Treaty; Traité de commerce franco-anglais
イギリスとフランスとの間に結ばれた自由貿易主義を原則とする通商条約で,おもなものに 1786,1860年の2つがある。 (1) 1786年の通商条約イーデン条約とも呼ばれる。フランスの重農主義者の経済的自由主義の主張とイギリスの産業資本の海外市場要求の声に動かされ,関税引下げによる貿易自由化を決定した。このため,フランスには安価なイギリス製品が流入し,工業危機を招いてアンシアン・レジーム崩壊を早めた。 (2) 1860年の通商条約はシュバリエコブデン条約とも呼ばれる。ナポレオン3世が条約締結の大権を行使し,議会にはからず独断で結んだ。この関税率の大幅な引下げ,輸入禁止制の撤廃で,奢侈品,工芸品生産部門以外の中小企業,家内工業は衰微し,大企業の工場近代化が進展した。イギリスを中心とするヨーロッパの自由貿易主義体制を象徴する条約。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えいふつつうしょうじょうやく【英仏通商条約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

英仏通商条約
えいふつつうしょうじょうやく
①1786年に結ばれたイーデン条約のこと
②1860年に締結されたコブデン−シュヴァリエ条約のこと
この条約は両国の航海と通商の自由を定め,従来高関税であった商品の関税をお互いに引き下げた。この結果両国間の貿易は促進され,フランスにイギリス製品が流入し,その後のフランス革命の混乱と相まってフランス産業革命のマイナス要因となった。
ナポレオン3世の時代,フランスはそれまでの厳格な保護貿易政策・高関税政策を放棄し,自由貿易政策に転換した。フランス工業の近代化が促進され,その後英仏両国によってヨーロッパは自由貿易体制に移行していった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英仏通商条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英仏通商条約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation