@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英吉利【イギリス】

デジタル大辞泉

イギリス(〈ポルトガル〉Inglêz)
ヨーロッパ大陸の北西、大西洋上のグレートブリテン島、アイルランド島の北東部および約900の付属諸島からなる立憲君主国。正称、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)。首都ロンドン。古くはブリタニアとよばれ、ケルト人・ローマ人が支配していたが、11世紀にアングロサクソン人による統一国家がイングランドに成立。のち、ウェールズスコットランドアイルランド併合。18世紀以降、世界各地に植民地を建設し大帝国と称した。早くから議会政治が発達。産業革命の発祥国で、現在も工業が盛ん。人口6235万(2010)。英国UK(United Kingdom)。
[補説]江戸時代、日本ではエゲレスと称した。また、「英吉利」とも書く。EU(欧州連合)に、1993年11月の発足時から加盟していたが、2020年1月離脱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

イギリス【英吉利】
(Inglês)
[1] ヨーロッパ大陸の西北、ドーバー海峡をへだてて大西洋上にある立憲君主国。正称は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」。略称は「連合王国」。首都ロンドン。一八世紀に大植民地を築いて大英帝国と呼称し、第一次大戦まで世界の最強国を誇った。英国。エゲレス。〔増補華夷通商考(1708)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉六「骨丈(だけ)で涼みたいものだと英吉利のシドニー、スミスとか云ふ人が苦しがった」
[2] 〘名〙
① 近世、江戸で用いた小形の川舟。
※俳諧・うろこがた(1678)「いぎりすとかやいふ小船に簾たれこめ」
② 「イギリススパナ」の略。
※試みの岸(1969‐72)〈小川国夫〉試みの岸「ペンチやハンマー、イギリスなどを投げ込んだ林檎箱」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英吉利」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英吉利の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation