@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英彦山がらがら【ひこさんがらがら】

事典 日本の地域ブランド・名産品

英彦山がらがら[人形・玩具]
ひこさんがらがら
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
田川郡添田町で製作されている。約1300年前、文武天皇が天災回避の祈願のため、英彦山一個を奉納したことが始まり。土鈴としては最古の歴史をもつ。魔よけ厄よけとして知られる。赤・青で彩色した素焼きの土鈴で、吊り下げにはを用いる。福岡県特産民芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

英彦山(ひこさん)がらがら
福岡県田川郡添田町で生産される魔除けの土鈴。文武天皇が英彦山に奉納した鈴が由来との伝承がある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英彦山がらがら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英彦山がらがらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation