@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英田【あいだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

英田
あいだ
岡山県東部美作市南部の旧町域。吉井川の支流吉野川,河会川の流域に広がる。 1955年福本村と河会村が合体して町制。 1956年公文村の一部を編入。 2005年勝田町,大原町,東粟倉村,美作町,作東町と合体して美作市となった。中世の河会庄,公文庄にあたる地で,ブドウイチゴメロン,クリなどの産地。機械,木工縫製などの工場もあり,醸造業もある。鑑真開基と伝えられ,県下最古の建造物である三重塔 (国指定重要文化財) が建つ長福寺がある。東部に岡山国際サーキットがある。吉井川中流県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

英田
あいだ

岡山県東部、英田郡にあった旧町名(英田町(ちょう))。現在は美作市(みまさかし)の南部を占める地域。旧英田町は、1955年(昭和30)福本、河合(かわい)2村が合併して町制施行。2005年(平成17)勝田(かつた)郡の勝田町、英田郡の大原、美作、作東(さくとう)の3町および東粟倉(ひがしあわくら)村と合併して市制施行、美作市となった。旧町名は古代から近世の英多郷、英多(田)郡に由来。吉井川支流の吉野川沿岸にあり、地域の東半は標高300~400メートルの山地。吉野川に沿い国道374号が走る。主産業は農業で、米のほか茶、役肉牛を産する。真神(まがみ)の長福寺三重塔は県最古の建造物で国の重要文化財。尾谷の顕密寺は奇祭五大力餅会陽(ごだいりきもちえよう)で知られる。

[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation