@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英米目録規則【えいべいもくろくきそく】

図書館情報学用語辞典

英米目録規則
英国,米国,カナダの3国の範囲から,漸次国際的な地位を確立するに至った目録規則.特に英語圏では事実上の国際標準の地位を占めてきた.第1版はパリ原則に基づいたものであり,先の3国の図書館協会および米国議会図書館が協力して策定した結果,北米版と英国版に分かれて1967年に刊行された.第2版は統一された版として1978年に刊行され,さらに第2版1988改訂版はオーストラリアも合同運営委員会に参加して刊行された.その後もAACR改訂のための合同運営委員会により適宜修正が施されたこれら第2版は,パリ原則に加えて,国際標準書誌記述にも準拠しており,また広範な資料種別を扱えるよう規則を用意し,MARCレコードへの対応をも意図している.第1部「記述」,第2部「標目,統一タイトルおよび参照」の2部から構成されており,これまでの伝統を尊重して基本記入方式を原則として保持している.2010年,第2版の後継として,デジタル環境に対応した柔軟な枠組みを持たせるよう,これまでとは規則構造の大きく異なる改訂版が,RDA(Resource Description and Access)の名称で公開された.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英米目録規則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英米目録規則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation