@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

英蘭戦争【えいらんせんそう】

世界大百科事典 第2版

えいらんせんそう【英蘭戦争】
17世紀後半にイギリス・オランダ間で3度にわたって行われた海戦。当時両国間には北海漁業貿易海運,植民地をめぐって深刻な対立が生じていたが,全盛期のオランダがイギリスを圧倒する勢いにあった。イギリスはクロムウェル政権の登場とともに,1651年有名な航海法(海運法)を布告して,全面的にオランダに反撃に出た。また市民革命により王位を追われたスチュアート家と,オランダの総督職にある名門オランイェ(オレンジ)家が,姻戚関係にあったことも両国間の政治的緊張の原因となっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えいらんせんそう【英蘭戦争】
一七世紀後半、イギリス・オランダ両国間の戦争。イギリスの航海法を原因とし、第一回(1652~1654)・第二回(1665~1667)・第三回(1672~1674)の三回戦われ、オランダは制海権を失った。イギリスオランダ戦争。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

英蘭戦争
えいらんせんそう
17世紀後半に制海権をきそったイギリスとオランダの3回にわたる戦争
【第1次】1652〜54 ピューリタン革命後,クロムウェルが航海法を発布(1651)してオランダ商業の排撃をめざしたために勃発した。その結果,イギリスが勝利を得てウェストミンスター条約を締結し,オランダの経済的衰退を促した。
【第2次】1665〜67 王政復古後,イギリスはオランダ総督家(オラニエ家)と結んでアムステルダム商人やその海外植民地を圧迫。1664年北米大陸のニューアムステルダムを占領し,ニューヨークと改めた。そこで翌1665年開戦となり,オランダ優勢のうちにブルダ条約で終結した。イギリスは東インド諸島の権利を放棄したが,ニューヨークを獲得。
【第3次】1672〜74 フランス王ルイ14世がイギリス王チャールズ2世とドーヴァーの密約を結び(1670),オランダ侵略を企てたことから開戦となった。オランダはフランスの攻撃を受けて苦境に立ったが,イギリス国内に反対の声が高まり,再度ウェストミンスター条約の締結確認で講和を結んだ。この結果,オランダの海上優位は完全にイギリスに移った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいらん‐せんそう〔‐センサウ〕【英蘭戦争】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

英蘭戦争
えいらんせんそう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えいらん‐せんそう ‥センサウ【英蘭戦争】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英蘭戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

英蘭戦争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation