@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【モ】

デジタル大辞泉

も【茂】[漢字項目]
常用漢字] [音](呉) [訓]しげる
草木がしげる。「繁茂
[名のり]あり・いかし・し・しげ・しげい・しげみ・たか・とお・とも・とよ・もち・もと・ゆた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

茂 (モ)
植物。沈水植物の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

も・し【茂】
〘形ク〙
① 草木が生い茂っている。繁茂している。
※万葉(8C後)二・一八五「水伝ふ磯の浦廻の石つつじ木丘(モク)咲く道をまたも見むかも」
② 盛んである。著しい。
※書紀(720)顕宗元年四月(寛文版訓)「夫れ前の播磨国司来目部小楯〈更の名は、磐楯〉求め迎へて朕を挙(あ)げたり。厥の功茂(モシ)焉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐・する【茂】
〘自サ変〙 も・す 〘自サ変〙 草や木が茂る。茂生する。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「芽茎生長し、枝葉華果もすことあり」
[補注]上代の形容詞「もし(茂)」が漢文訓読語として継承され、それを動詞と考えてサ変に活用させたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も‐・す【茂】
〘自サ変〙 ⇒もする(茂)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation