@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【くき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


くき
stem
維管束植物に発達している基本的な器官で,通常地下部の根に対して空中に露出し,葉,枝 (枝分れした茎) ,花,果実などを支持するとともに,水分,養分などの通路となっている。発生学的には胚が発育する最初の段階で,茎端と根端との両極を生じることに始り,先端に生長点をもっていて茎へと生長する。木本植物では,2次的に肥大生長が起るので,永年生の幹を形成する。植物によっては地下に伸長する茎があり,この場合変態が起るが,これらは総称して地下茎という (ジャガイモ,サトイモ,タケ) 。コンブなどの茎は,本来の茎ではなく柄 stalkで,未分化の構造をもち,維管束植物のような養分の通路ではない。本来の茎をもたない植物を葉状体と称して一括することがあり,菌類,藻類はこれに属するが,蘚類については必ずしも意見が一致しない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


なかご
」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くき【茎】
高等植物で、葉・根とともに植物を構成する基本器官。先端に生長点があり、内部に維管束をもつ。地下茎・蔓(つる)・とげなどになるものもある。性質により草本(そうほん)と木本(もくほん)とに分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【茎〔莖〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ケイ(慣) [訓]くき
〈ケイ〉
植物のくき。「花茎塊茎球茎根茎地下茎
男根。「陰茎包茎
〈くき(ぐき)〉「歯茎水茎
[難読]芋茎(ずいき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くき【茎 stem】
シダ植物と顕花植物(両者を合わせて維管束植物という)の体の部分のうち,葉や芽をつける軸状構造の器官である。樹木の幹は主茎が二次肥厚したものでその顕著な例は屋久杉やセコイアの巨木にみられるが,一方シダ植物の根茎のように地中にあって目立たないものもある。先端に花をつける花茎も茎の一種である。茎は根とともに植物体を支持し,根から吸収した水分や無機塩類などを上部の茎や葉に送り,葉で合成された同化物質などを茎や根に移動させるなど,体内物質を移動させる通道の役割をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くき【茎】
高等植物において、植物体を支え、根から吸収した水分や養分を師部・木部を通して各部に運ぶ、軸状構造の器官。表皮系・基本組織系・維管束系をそなえる。
長刀なぎなたの柄など、茎状のものの称。
「茎漬け」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くく【茎】
くき
女房詞くく立ち御湯殿上 慶長五

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


くき
維管束植物において、葉および根とともに植物体を構成する栄養器官。植物体の軸をなし、側生器官として葉をつける。維管束植物以外でも、スギゴケなどの蘚類(せんるい)やホンダワラなどの大形藻類には、外部形態のうえで区別しうる茎状の部分と葉状の部分があり、研究者によってはこれらを「茎」、「葉」とよぶことがある。しかし、藻類の場合はこれらの「茎」と「葉」を異なる器官と判断しうるに十分なほどの構造上の区別がないし、蘚類の場合は構造の差が認められても維管束をもっていないので、どちらも真の茎や葉とはみなさない。
 現在まで知られている維管束植物のなかでもっとも古いリニアなどのプシロフィトン類や、これと類似の形態をもつ現生のシダ植物のマツバランには、器官の分化がなく、棒状の茎が何回か二又(ふたまた)分枝しているだけの体制で根も葉もないので、茎は葉や根よりも系統的に起源の古い器官と考えられる。根は茎よりもあとで出現したにもかかわらず、主として地中という安定した環境にあるために現代までに大きく変化することがなかったと思われるのに対して、茎は外形も構造も進化の過程で多様化してきた。中心柱の型をみても、根の場合はすべての維管束植物を通じて放射中心柱であるのに対して、茎の場合は植物群によって中心柱型はさまざまに異なる。シダ植物のなかには原生中心柱、管状中心柱、網状中心柱、二~多環管状中心柱、二~多環網状中心柱やその他の特殊型がみられるし、種子植物では裸子植物と双子葉植物に真正中心柱、単子葉植物に散在中心柱がそれぞれ普通であるとはいっても、例外も多い。このように変異の多い茎の中心柱型を比較することは、維管束植物の系統を考察するための重要な鍵(かぎ)の一つと考えられる。
 個体発生では、胚(はい)発生において幼根と子葉の間の部分としてできる胚軸が最初の茎で、その後は子葉よりも上、すなわち幼根と反対側の極にできた茎頂分裂組織の活動によって上胚軸が成長する。茎の成長は、茎頂分裂組織における細胞分裂に始まり、増殖によって下方へ送り出された細胞が茎の諸組織の細胞へと分化することによるものであり、この活動で茎頂分裂組織自身は逆に押し上げられるので、つねに茎の先端に位置することになる。マツバランのような葉のない維管束植物は例外であるが、一般に茎頂分裂組織は、その活動によって茎だけをつくるのではなく、その周辺部からは一定の周期で規則正しい位置に葉の原基を形成する。このように茎の成長と葉の発生とは密接に関連しているが、根の頂端付近には側生器官はつくられない。一方、根端は根冠に覆われているが、茎頂は他の組織に覆われていないのも、茎と根の相異点である。茎は葉をつくりながら成長するので、完成した茎には節と節間があり、これも根との相異点である。節とは茎のうちで葉の付着点を含む高さの部分をいい、節間とは節と隣の節との間の部分をいう。もっとも下位の節は子葉のついている節すなわち子葉節であるが、その上隣の第1葉のついている節を第1節とよび、子葉節と第1節の間を第1節間とよんで、順次上方のものに大きな番号をつける。
 茎が分枝するときには、種子植物では葉の付着点のすぐ上の葉腋(ようえき)から枝を出す方式、すなわち腋生分枝がきわめて普通であるが、シダ植物では茎頂が対等に二分してそれぞれが枝をつくる二又分枝がよくみられるほか、主軸と側枝の区別のある分枝法であっても、枝ができる位置は種類によってさまざまである。
 茎は一般に棒状の形で地上に立ち、一定の配置で葉や花をつけてこれらを支え、根、葉、花の相互の間の水や養分の通路となるのが普通であるが、変態して形も機能も普通と大きく異なるものもいろいろある。地下にある茎は地下茎と総称されるが、根茎、塊茎、球茎などの諸型があり、地上茎にも茎針、葉状茎、むかご等々がある。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くき【茎】
〘名〙
① 高等植物の三基本器官の一つ。胚(はい)の幼芽が発達したもので、ふつう地上にあって軸性の構造をもつ。組織学的に他の器官との区別点は、生長点が裸出する、維管束型がある、外長分枝をなす、表皮に角皮がある、などによる。生長につれて葉や花をつけ、根とそれらとの間の養分や水分の通路となる。地下茎、つる、巻きひげ、刺(とげ)などに変化したものもある。
※書紀(720)皇極三年六月(図書寮本訓)「其の茎(クキ)の長さ八尺(さか)
※竹取(9C末‐10C初)「金をくきとし白き玉をみとしてたてる木あり」
② 花茎(かけい)、または花軸(かじく)の異称。
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「『パアポロトニク(蕨の類ゐ)』のみごとな茎」
③ 鳥の羽の軸の部分をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ 「くきづけ(茎漬)」の略。
※経覚私要鈔‐文安四年(1447)二月六日「申祝言、榼一双・素麺五束・久喜一桶進之」
⑤ 一般に茎状のものにいう。器具の柄(え)や剣の柄(つか)の類。
※守護国界主陀羅尼経平安中期点(1000頃)一「吠瑠璃を以て而も其の茎(クキ)と為り」
⑥ 陰茎。男根。
※俳諧・千代見草(1692)「陰茎(クキ)持ぬ徳に憂世を不出不入」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くく【茎】
〘名〙
② 「くくたち(茎立)①」をいう女房詞
※大上臈御名之事(16C前か)「くくだち。くく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【茎】
〘接尾〙 細いもの、細長く束ねたものを数えるのに用いる。
蔭凉軒日録‐永享七年(1435)一二月二九日「等持院殿御髪三茎、可当寺脇士像之旨有命」 〔薜逢‐長安夜雨〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation