@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

茗荷【ミョウガ】

デジタル大辞泉

みょう‐が〔めう‐〕【×茗荷】
《「めが(芽香)」の音変化という。「荷」は当て字》
ショウガ科の多年草。地下茎が横に伸び、地上茎は高さ50センチ~1メートル。葉は長楕円形で、互生。夏から秋にかけ、地際に苞(ほう)が2列に重なって卵状の花穂をつけ、苞の間から淡黄色の3弁花を出す。全体に特有の香りがあり、茗荷の子とよぶ花穂や若芽を食用にし、栽培される。熱帯アジアの原産。めが。 子=夏 花=秋》「日は宙にしづかなるもの―の子/林火
紋所の名。ミョウガの芽や花を図案化したもの。
おろかな人。1をたくさん食べると物忘れするという俗説からいう。
「大門を這入(はひ)る―に出る生姜」〈柳多留・一二二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

め‐が【×茗荷/×蘘荷】
ミョウガの古名。〈和名抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

茗荷 (ミョウガ)
学名:Zingiber mioga
植物。ショウガ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みょう‐が めう‥【茗ミャウ荷・蘘荷】
〘名〙 (「茗荷」はあて字)
① ショウガ科の多年草。アジア熱帯地方の原産で、本州・四国・九州の山野に生え、野菜としても栽培される。高さ〇・五~一メートル。地下茎は円柱形であまり肥大しない。葉は広披針形で長さ二〇~三〇センチメートル。八~一〇月、卵状楕円形で赤紫色の包片を多数たけのこ状につけ、その間に径五センチメートルぐらいの白い不整斉花を数個開く。まだ花の出ない苞(ほう)を「はなみょうが」、茎の若いものを「みょうがたけ」といい、ともに芳香に富み、食用にする。漢名、蘘荷。
▼みょうがの花《季・秋》
※異制庭訓往来(14C中)「芥子、苣、蘘荷、薺、牛房、大根」 〔日本植物名彙(1884)〕
② 愚鈍な人。愚かな人。①を多く食べると物忘れするという俗説からいう。
※雑俳・都とり(1741)「めうがの子・かげとひなたの母の海」
③ 紋所の名。①の芽や花を図案化したもの。花抱き茗荷、抱き茗荷、違い茗荷、抱き茗荷菱などの種類がある。
[語誌](①について) 日本で古くから栽培されてきた野菜の一つで、古くはメカと呼ばれていたようである。遅くとも室町期にはミャウガと呼ばれると共に、あて字「茗」が用いられ始めた。他の作物の育たない所でも育ち、夏ミョウガ・秋ミョウガとも野菜の端境期に収穫できたので重宝された。ミョウガを食べると物忘れするという説は、俗説として定着しており、小咄などにもよく用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茗荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茗荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation