@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

茶箱【チャバコ】

デジタル大辞泉

ちゃ‐ばこ【茶箱】
葉茶を運送・貯蔵するのに用いる大形の木箱。湿気を防ぐため、内側にブリキや渋紙などをはる。
旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を入れて持ち運ぶための

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃばこ【茶箱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

茶箱
ちゃばこ

点前(てまえ)に必要な最少限度の道具一式を仕込んだ携帯用の箱。旅行の際や野点(のだて)用に考案されたもので、茶人の好みによって種類は多い。携帯用の茶具としては古くからあったと考えられ、利休(りきゅう)所持の蒟醤(きんま)茶箱が伝来している。しかし茶人の好みとしては利休形が最初である。元来茶箱には定まった点前はなかったが、裏千家11世玄々斎精中宗室によって「雪月花(せつげつか)」および「卯(う)の花点(はなだて)」の点前が考案されたことにより、裏千家に好みが多い。

[筒井紘一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゃ‐ばこ【茶箱】
〘名〙
① 葉茶を詰めて運送するのに使う大形の木箱。湿気を防ぐために内側・外側に紙を張り渋を引いたり、ブリキを張ったりする。葉茶を蓄えるのにも用いる。湿気を防ぐところから、衣類の収納などにも転用される。茶櫃(ちゃびつ)
※南方録(17C後)滅後「茶箱の手前、二様あり。〈略〉人の方へ茶ををくる時、持参することもあり、先だって持せつかはすこともあり」
② 茶をたてる道具一式をおさめる箱。外出・遊山などのとき持ち運んで点茶する。
※南方録(17C後)滅後「野がけの時、茶道具入組たるをも茶箱と云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

茶箱
ちゃばこ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
元禄12(大坂)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation