@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

茶臼【チャウス】

デジタル大辞泉

ちゃ‐うす【茶臼】
葉茶をひいて抹茶にするための石臼
上下逆になること。特に、男女交合で女性が上になる体位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゃうす【茶臼】
茶磨とも書く。抹茶をつくるのに用いる製の挽(ひ)き穀物などを挽く石臼に比べて非常に精巧に作られており,石材も美しい輝緑岩や砂岩など特別に吟味され,また挽き手を打ちこむ箇所には装飾が施されていることが多い。 中国で北宋のころ発達したが,日本へは鎌倉時代に南宋へ渡った禅僧たちによって,茶の湯とともに伝えられたと考えられている。中国では明代に入るころ,抹茶は廃れていったが,日本ではその後の約300年間に,禅僧を主とする上流階級の間に普及し,茶臼も国産されるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

食器・調理器具がわかる辞典

ちゃうす【茶臼】
葉茶をひいて抹茶を作るのに用いる石臼。京都の宇治朝日山産の石が良材とされる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゃ‐うす【茶臼】
〘名〙
① 葉茶をひいて抹茶を作るのに用いる石臼。京都府宇治朝日山の石が良いとされる。
※太平記(14C後)一八「渦巻くに随て浪と共に船の廻る事、茶臼(チャウス)を推よりも尚速也」
② 上下逆になること。また、上下逆にすること。特に男女交合で女性が上になる体位をいう。
※浮世草子・浮世栄花一代男(1693)一「是一生のおもひでに女の願ひにまかせ茶臼(チャウス)を仕かけけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶臼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

茶臼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation